これからのコーヒーの話をしよう。

今年1月、我が家に100杯のコーヒーが届いたことは、記憶に新しい。

100杯のコーヒーが届いたおはなし。

 

友人に配ったり、振舞ったり、振りかけたりしているうちに、いつのまにか100杯のコーヒーは無くなっていた。ラスト5杯くらいになって、「あれ?終わる?終わるのか?」…と、目を丸くして驚いた。

たぶん85杯くらいは自分で飲んだ。幸運なことに美味しいドリップコーヒーだったから、最後まで飽きることなく美味しく飲めた。ブラックで飲んだり、牛乳を入れたり、浴槽に張ったりなどした。

 

…さて、

 

これからどうしよう。

 

「朝のコーヒーの味」として、完全に舌にインプットされてしまった。もうほとんど「パブロフの犬」状態で、朝起きて布団から出ると口の中に味がするほどだ。(これはマジ)

 

いまさら他のコーヒーなんて、飲めるのだろうか。

 

しかもあれは、叔父さんが正月に買ってくれた、ちょい高めのドリップコーヒー。今後自分であれを買い続けるのは、経済的にかなり負担になる。

 

ああ

なんてことだ

 

完全に

調教されてしまった

 

スーパーに陳列されたドリップコーヒー達を見ていると、もう彼女しか目に入らない。ボクは盲目的に、彼女をカゴに入れてレジへと向かうだろう。経済はこうして回り、ボクの目も回り、コーヒーは血の一滴となって身体中を駆け回る、だろう。再びブラックで飲んだり、牛乳を入れたり、洗濯に使ったりするだろう。

 

夏が来れば、洗濯の頻度も上がる。

…そう考えると、大量消費を見越して、やはり安いコーヒーを買わねばいけないな。

関連記事

  1. ボディソープを求めて。(後編)

  2. 歌姫②

  3. 追いコート。

  4. 物欲の冬

  5. …反省します。

  6. ラーメン二郎とカップルと

  7. 歌姫。

  8. 【キャンプ】台風が、迫っている。

PAGE TOP