エッセイ

「さん」付けはするべきか?

「さん」付けはするべきか?

ある歌手が「スピッツ」に「さん」を付けなかったことがプチ炎上している。

一方で、「グループ名に『さん』を付けるのはそもそもおかしいんじゃないの?」という意見も出ており、僕もその意見に賛成だ。だからこの問題は僕の中で平和的に片付いてしまったのだけど、それに関連して少し書きたいこともあった。

 

…ということで、この記事ではちょっと違った目線から「さん付け問題」に切り込んでいこうと思う

 

 

ちなみに僕も、「さん」を付けない派だ。

これは個人名でもグループ名でもそう。例えば「松本人志」は「松本人志」だし、「サザンオールスターズ」は「サザンオールスターズ」だ。

ただし自分と近しい人間には「さん」付けをする。例えば大学時代の先輩とか、行きつけの飲み屋のマスターとか。(グループに『さん』を付けることはない)

だから正確には、僕は「あまりにも遠い存在には『さん』を付けない」派だ。

 

これにはちゃんとポリシーがあって、「あまりにも遠い人に『さん』を付けるのは『驕り(おごり)』だと思っているからだ。

どういうことかというと、

 

例えば駅前を歩いている若者が「松本人志はさ~」と言ったとする。おそらく、誰も怒らない。

しかし、チョコプラの二人が「松本人志はさ~」と言ったとする。これはおそらく、「えっ?」と言う人が現れる。

 

なぜなら、駅前の若者よりもチョコプラの方が、松本人志に「近い」(と思われている)からだ。

 

駅前の若者から見た松本人志は「キャラクター」、もっと言うと「違う世界に住む人」としての側面が強いだろう。

一方で、チョコプラはたぶん松本人志と喋ったことがあるし、彼らから見た松本人志は「業界の先輩」としての側面が強いだろう。

 

チョコプラも昔は「駅前の若者」だった。松本人志のことをテレビの中のキャラクターとして見ていたと思う。その頃に「松本人志」と呼び捨てにしても怒られなかったのに、今はそれが許されないのは、たゆまぬ努力の末、チョコプラが松本人志に「近づいた」からに他ならない。(もっと言えば、世間に『両者は近い存在だ』と認識させたから)

 

この差をもって大衆が怒るということは、つまり、「両者の距離感によって『さん』付けの必要性が変わる」ということなのだ。

 

 

 

で、話は変わって僕は現在地方ラジオでレギュラー番組を持たせていただいている。これは本当に光栄なことだし、スタッフの皆さんには本当に頭が上がらない。ただ、「ラジオで喋るなら芸能人に『さん』を付けましょう」というのは、ちょっと違うかなぁと思う。

 

なぜなら、僕と彼らの距離はあまりにも遠いからだ。

 

ラジオパーソナリティの肩書きを得た瞬間に、コロッと態度を変えて芸能人面して「松本人志さん」なんて呼んじゃうのは、それはちょっと驕りが過ぎるんじゃないの?と思う。(ラジオを馬鹿にしているわけではなく、僕程度が『近づいた』と思い込むには一流芸能人はあまりにも遠いよね、という話です)

 

 

あとそもそも、松本人志は僕程度に「松本人志が~」と言われたところで99.9%気にしないと思う。まず耳に入らないと思うし。「松本人志に『さん』付けしないと失礼かなぁ。不快にさせちゃうかなぁ」などと心配するのは、それこそ思い上がりが過ぎるというものだ。

 

 

ただこれは難しいところで、結局「両者の距離」を判断するのは世間なので、もし仮に(仮に)(万が一)(百億歩譲って)世間が「いや月岡彦穂と松本人志は近いでしょ」と言ったらそれはもう怒られても仕方がない。

僕がどう思うかではなく、世間がどう思うかがすべてだから。

逆に言えば、「おい月岡!松本人志に『さん』付けしろよ!」という声を頂いたなら、その人は僕と松本人志を「近い」と判断したということだ。それはそれで、とても光栄なクレームだと思う。(一方で、たった一人の意見によってホイホイ態度を変えるのもどうかと思うけど)

 

 

 

えっと、結局何が言いたいかと言うと、「僕はまだ有名人に『さん』をつける程の人間じゃないので、付けませんよ」ということだ。

一人のファンとしていつも呼んでいる名前で呼ぶ。これが一番自然だと思うから、そうする。

 

これだけの結論のために、長々と文章を読んでくださってありがとうございました。

(なので普段から『愛称』としてさん付けしている人は、ファンとしてそのままさん付けします。エルレの細美さんとか、ブロガーのARuFaさんとか)

 

はー疲れた!!!!!たまにこういう「強めの私見」も書くけど、これからもよろしくね!!

 

この空気で

ふざけたことは書けないので、今日は終わりにします。本当は他の話もしたかったんだけど…。(Rakuuuというコワーキングスペースに行ってきました)(とてもおしゃれで広かったです)(また行こう)(あ、意外ともう書くことないな)

 

すき家のキムチ牛丼

美味しい。

 

 

今日の筋トレ

オフ。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5