エッセイ

TSUNAMI

TSUNAMI

今日もラジオの生放送があった。一ヶ月以上やっているとさすがに慣れてくるが、ここが一番「やらかす」時期なので気を引き締めていきたい。

 

ラジオでサザンオールスターズの話になって「TSUNAMI」の話をしたら、生放送後にディレクターに「TSUNAMIの話題はちょっと…」とたしなめられた。どういうことかと言うと、「東日本大震災から10年が経ったとはいえ、被災地で『ツナミ』の話は避けましょう」ということだ。

うーむ、なるほど。地雷は思わぬところに潜んでいる。残念ながら僕には被災した人の気持ちはわからない(「人智を超える自然災害で大切な人を亡くした気持ち」に対して、おいそれと「わかる」なんて言うものではない)のだから、そういった理解できない領域には、むやみに触らないのが吉だろう。

 

ただ一方で、ラジオのような「聞き流す」コンテンツでは「不謹慎ワード」は避けるべきだが、ブログのような「自ら選ぶ」コンテンツにまで「不謹慎」の波が及ぶのは、それはそれで間違っていると思う。ラジオと違って、この記事は「TSUNAMI」というタイトルを読み、受け入れた人が来ているはずだし、逆に「TSUNAMI」という7文字がところかまわず検閲されたら、それはいよいよディストピアだ。

この記事を書いているのは、そういうわけだ。

 

 

さて、

 

 

マスクもそうだけど、「昔は良かったのにここ数年『タブー』とされてきた、でもいつかは元に戻るべきもの」って、何をもって元に戻るのだろう、と最近よく考える。

僕らはいつかマスクを外すだろうし、サザンのTSUNAMIだっていつかは聴けるはずだ。

でもそれは、いったい何をもって「解禁」なのだろう。

 

マスクはまぁ予想できる。医療機関から「もう大丈夫」と太鼓判が押され、かつ、テレビの人たち(それこそ総理大臣とか)が大衆の前でマスクを外せば、いよいよ「解禁」なムードになるだろう。ただTSUNAMIに関しては、「もう被災地の人にツナミの話題出しても大丈夫っしょ」とは、僕の生きているうちはならないだろうな。そんなこと言う奴、絶対いちゃいけない。

「戻らない」という可能性だってある。僕らは一生マスクを着けたままで、サザンは二度とTSUNAMIを歌わない。長い目で見れば「永遠」なんてものはないのだけど、僕らが生きているほんの数十年単位で見れば、その可能性は十分にある。(ちょっと不謹慎かもしれないけど、サザンの生きているうちに「TSUNAMI解禁」のムードが来ることは、ちょっと考えにくいと思う)

 

マスク生活が仮にあと10年続いたとして、「マスクを外すとき」ってどんな気持ちになるのだろう。「いけないことをしている」と思うのだろうか。なんか素直に「元通り」とは喜べない気がする。表面上は元に戻ったとしても、「マスクをしていた日々」の後遺症は各所に出る気がする。デスノートの最終回みたいに。

 

 

あと、異性の鼻と口にエロスを感じてしまうような気がする。ていうかもういるんじゃないか、マスクの向こう側に「奥ゆかしさ」を感じてる人。給食の時間に興奮してる中学生、絶対にいるだろ。

 

あとあと、最初の数日は運動がめちゃくちゃ楽しいと思う。もう1年くらいマスクしてやってるから、解放された時どれだけのパフォーマンスが出るのか楽しみだ。ずっと高地トレーニングしてるようなものだからね。

 

あとあとあと、渋谷にフリーハグの若者が大量に湧くと思う。そんで昼のニュースに取り上げられて、みんな苦笑いしつつもどこか嬉しそうな顔をするのだ。

 

 

そして「解禁」後一年間は、「コロナ後はじめての○○○」と言って季節のイベント(花見、海水浴、ハロウィン、クリスマス…)がこれでもかとフィーチャーされて、その一年後には何事もなかったかのように、元に戻るのだ。

そのときには、「飯屋でついたて越しに会話してたわ~~~」と盛り上がりたい。絶対言ってやるんだ。「あれ、なんだったんだろうね」って。

 

今日の筋トレ

脚。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5