24歳。

2月27日。今日ボクは24歳になった。

正直に言うと、何の実感も湧かない。いつも通りの自分、いつも通りの平日、いつも通りの風景…
…いや、ここはいつもの風景ではない。ここは…ここは…

な・ご・や・だー!!!!

…などと盛り上がってもひとり。なんて虚しい幕開けだろう。

24歳…24歳かぁ…。

この煮え切らない気持ちをどうしてくれよう。

いや逆に、この煮え切らなさこそが、24歳の象徴とも言える。

将来に対する漠然とした不安や、何も成し遂げていない焦りや、常に空回りしているような虚しさ。

この煮え切らなさ。たぶんこれが24歳なのだろう。23歳との一番の違いは、自分の稼ぎで飯を食っているところだが、それでも大人になったような気は全然しない。

大人ってなんだ。自分の稼ぎで飯が食えたら大人なのか?
それはなんか、違う気がする。理由はと聞かれると難しいが……やっぱりなんか、違う気がするのだ。

「自分にしかできないこと」で飯を食えたら大人なのかな。そうなれたとき、自分はどんな気持ちになるのだろう。…そうなれるのは、いつだろう。

いやしかしその定義だと、世の中に大人ってどれほどいるんだろう?それは捉え方次第では、多くの人間に対しての侮辱にならないか?そもそも「自分にしかできないこと」なんて、本当にあるのか?あったとしてそれは、全人類に平等に与えられているのか?

考えれば考えるほど、分からなくなる。24歳。まだまだ理想の自分には程遠い。名古屋駅でひとり。

関連記事

  1. 元大手塾講師が語る、塾のアルバイト大学生たちが可哀想すぎる話。

  2. 若槻千夏さんの発言について、教員の元カレが思うこと

  3. 【月岡彦穂のすヽめ】〜入門オススメ記事5選〜

  4. ゼロカラカンパニー、始動!

  5. 【祝】ブログの毎日更新を続けて1年が経ちました!

  6. ボドゲ系YouTuberはじめます。

  7. 会社員辞めました!!!!!

  8. 教員の彼女と同棲したら、Google検索のトップになった話。

PAGE TOP