男と、威嚇と、レッサーパンダ。

レッサーパンダの威嚇を見たことはあるだろうか?

両手両足をピンと伸ばし、身体を大きく見せる。当の本人(本パンダ)は威嚇のつもりだろうけど、これがまあ、可愛い。とんでもなくキュートで、ファンシーで、パステルだ。愛おしい。いますぐ抱きしめたいくらいに。

これはまぁ威嚇の失敗例としても、多くの動物は、威嚇するとき身体を大きく見せる。

 

さて。

 

以前ボクは「ビッグシルエットの服を着たい」という記事を書いた。

ざっくりと要約すれば、「ビッグシルエットへの憧れが抑えきれないから、この夏はビッグシルエットしか着ないぞ」という内容だ。

似合う服と好きな服、どちらを着るべきか?

あれからちゃんと、約束は守っている。仕事でスーツを着るときを除けば、例外なくビッグシルエットを着ている。

毎日鏡に映る自分が新鮮だ。コンプレックスの薄くて細い胴体が隠れてくれるからなのか、心なしか、身体も大きく見える。

身体が大きく見える

………

 

もしかして、これは人間流の威嚇なのでは??

 

薄くて細い身体がなぜコンプレックスかといえば、その理由はただ1つ。

  • 「弱そう」
  • 「折れそう」
  • 「女々しそう」

3「そう」が揃っているからだ。ごめんなさい3つありました。

それらを克服することにより、人は

  • 「強そう」
  • 「たくましそう」
  • 「男らしそう」

3「そう」を手に入れることができる。

克服するには、身体を大きく見せるしかない。そう考えると、ビッグシルエットを着ることは、強い男に見せるための威嚇の手段と捉えられないだろうか??

 

これは恐ろしいことに気づいてしまった。

 

Googleで「ビッグシルエット威嚇」を検索しても、なにひとつヒットしない。

 

ビッグシルエットが威嚇であることに気づいているのは、現時点では世界中でボクだけということだ。

 

なんということだ。

なんだか急に恥ずかしくなってきた。

 

ボクは威嚇して歩いていたのか?ここTokyo Cityで?

 

「自分が周りを威嚇している」という自負。それがこんなにも恥ずかしいものだとは。

いやァそんなに大した男じゃないんですよすみません折ってください

 

しかし縮こまってスマホを取り出し、ビッグシルエットについてもう少し調べてみると、どうにもおかしなことに気がついた。

 

「今年のビッグTかわいい〜♡」

「彼氏のビッグTでおそろコーデ♡」

「いかつい彼にはビッグTが一番♡」

 

………

およそ「威嚇」とは無縁の字面が並んでいる。いかつい彼に至っては、自分を弱く見せているではないか。

 

これは、どういうことだ

いや、

 

辿り着く結論はただひとつ。

 

「威嚇、失敗しとるやんけ」

 

ここで話は、冒頭のレッサーパンダまで遡る。

関連記事

  1. 日高屋の迷惑老人

  2. 貯金とレシート

  3. 仕事初めの、朝のこと。

  4. どうしてもアイスクリームが食べたかった。

  5. バスケ部だった少年の、悲しい話(後編)

  6. ウミガメのスープ(後編)

  7. 100杯のコーヒーが届いたおはなし。

  8. 日高屋のクレーマーから、レジのおばちゃんを守ろうとした話。

PAGE TOP