アコギが下手になった気がする。

毎日弾いてはいるのだけれど、なぜか下手になった気がする。自分の手元から、自分じゃない音がする。弦もピックも変えていない。湿度の変化による「くぐもり」とも何か違う。…思い描いた音が出せない。

 

ただ毎日弾けばいい、ってもんじゃないのだろう。思い返せば、最近は漫然と弾くだけの日が多かった。

 

新しいフレーズの追及をしなかった。手癖でさらさらと、できることだけをやっていた。···それでは上手くなるはずがない。

 

しかしまァ、

「停滞とは退化である」…とはよく言うが、ここまで分かりやすい例もあるまい。

アコギ、もっと真面目に練習しなきゃな。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、何かの記事で、「全盛期はソルファではなく、今でもなく、もっと未来だ。」と言っていた。痺れるほどにカッコよかった。

あのアジカンですら、もがいているのだ。ボクが立ち止まって良いはずがない。がんばれ、自分。

関連記事

  1. ゴジラvs月岡彦穂

  2. 梅雨入り

  3. 9月と紺色のカーディガン

  4. 散髪(前編)

  5. 『彦穂(ひこほ)』という名前は『彦星』にちなんでいるんですか?

  6. ツイキャスありがとうございました。

  7. 毎日お弁当を買うボクの人生論

  8. 模様替え奮闘記(後編)

PAGE TOP