エアコンとバカ。

大学生の頃、ボクの家にはエアコンが無かった。

だから未だに、エアコンのことがよく分からない。例えば「夏は節電で28度」に対して「冬は節電で〇〇度」が分からない。だからネットで調べて22~24度で付けているが、これが適正温度なのかどうかは甚だ疑問である。毎月の電気代から察するに少しかけすぎなのかもしれないが、寒がりにはこれくらいが丁度いい。

 

ところがここ1~2週間ほど、24度で付けても部屋が暖まらなくなった。家に来た友人に「寒いからエアコンの温度を上げてくれ」と言われても、既に排気口からは24度の強風が吹いている。指先は冷え、PCを打つのも億劫になった。ギターも上手く弾けなくなった。

これはおかしいと気付くのが遅くなったのは、きっとエアコン文化が無かったからだ。恥ずかしながらボクは、エアコンを永久機関だと信じて疑わなかった。部屋に設置したその時から太陽が消滅するまで動き続ける、人智を超えた神のマシンだと思っていた。

 

だからエアコンに定期的な手入れが必要だなんて、露ほども考えなかった。…神に手入れは要らないからだ。

 

しかし明らかにパフォーマンスの落ちたそれを見て、ガサゴソと取扱説明書を読んでみれば、なるほど、2週間に1回は手入れをしましょうと書いてある。

目が覚める思いだった。エアコンはただの家電なのだとようやく認識できた。この家に来てから7か月間、積もりに積もった負債を返す時が来たようだ。フィルターの埃を打ち払い、エアコンを付けると、5分後には部屋全体がほんわかとした暖かさに包まれた。

 

室温はあっという間に24度まで上がった。ボクはそこで初めて、24度の本当の暖かさを知る。やっぱり、寒がりにはこれくらいが丁度いい。

関連記事

  1. インターネットが通じない。

  2. 創作物だもの。

  3. 梅雨入り

  4. 国営マクドナルド平和公園

  5. 忘年会も終わり、

  6. 飯屋のクソ野郎ども

  7. いずれ動画編集者を雇おうと決めています。

  8. 阿佐ヶ谷の夜を歩く。

PAGE TOP