あけまつしんじという男

昨日は、「合同会社Haikara City」社長の、あけまつしんじさんと飲んだ。

もうかれこれ6年くらいの付き合いで、ふたりで音楽をやっていたこともある。実はいまだにYouTubeで聴ける。

 

彼は音楽の道を離れ、教育の道ヘ突き進み、成功を収めている(なんて軽々しく言うと、「いやァ、ボクなんてまだまだですよォ」と謙遜されそうだが)。昔は肩を並べていたのに、今はずいぶん遠くへと行ってしまった。

 

彼の大胆なシフトチェンジには、「あっぱれ」と言うほかない。

 

なぜなら、音楽でプロを目指す人間には「辞めどき」がないからだ。

 

音楽は身体の動く限りいつまでも作れるし、「プロになれない」ことを証明する術など、どこにもない。

あるのは「いつか花開くかも」という根処のない妄想だけだ。

あるのかも分からないゴールに向かって、若者は突き進み、自分の無力さに涙を飲む。しかし何度諦めたところで、またふらりと帰ってくる。···夢をどうこう以前に、みな、音楽が好きだからだ。

あけまつさんも例外ではない。彼だって人一倍、音楽が好きだった。音楽の話で明かした夜は数知れず、曲は偉大な先駆者へのリスペクトで溢れていたし、何より、彼の歌声はとても魅力的だった。当時ボクは、「この人には音楽で勝てない」と毎日歯ぎしりしていた。···才能への嫉妬だ。

辞めるにあたって、相当の葛藤があったに違いない。それでも彼は、ある日を境にスパリと辞めた。その潔さは気持ちよかった。

 

そして4年が経ち、今は何食わぬ顔をして(なんて軽々しく言うと「いやァ、大変だったんですよォ」と嫌遜されそうだが)、教育で飯を食っている。

音楽ではなかったにせよ、彼はひとりの「プロフェッショナル」になった。誰にも雇われず、「あけまつしんじ」を職業にして生きている。そして最近はついに従業員を抱え、他人の人生までも背負いだした。

 

それって、最高にカッコいい。

 

男なら、憧れずにはいられない。

その「生き様」に。

 

そうしてボクは、だんだん自分が情けなくなった。

記事の最初に、ボクはなんて書いた?

 

「昔は肩を並べていたのに、今はずいぶん遠くへと行ってしまった。」

………………。

 

···いや、追いつけ追い越せの気概でいろよ、この凡人が!

 

「つきおかひこほ」で飯を食うぞとボクは心に固く誓い、そして気づいたら朝になっていたので、始発に乗った。

関連記事

  1. なぜ?スタバで勉強や仕事に集中できる5つの理由

  2. 高級。「乃が美」の冷凍パン?

  3. Cubase使用歴6年で、PCに入っているもののすべて。

  4. BUMP OF CHICKENの東京ドームファイナルと、僕がバンドをは…

  5. 池袋駅近くに穴場のスタバを発見!快速のFree Wi-Fiがたまらない…

  6. リアムギャラガーのニューアルバム「Why Me? Why Not.」は…

  7. 【映画レビュー】ラブ&ドラッグ(※ネタバレあり)

  8. ひとり名古屋旅行記~2日目~

PAGE TOP