エッセイ

徹夜ボードゲーム大会

て、徹夜なんていつぶりかしら…。

 

仕事終わりの夜22時半、ボクは友人宅に招かれてのこのこと遊びに行った。ひそかなマイブームであるボードゲームをするためだ。

友人宅にはフリーマーケットのごとくボードゲームがあり、サーキット形式で大小様々なボードゲームを楽しむことができる。10種類を優に越えるボードゲームはどれも友人厳選のとっておきの一品で、早くそれを使ってカフェを開けばいいのにとボクは思っているが、そこんとこ、本人はどう思っているのだろう。

 

まあとにかく、昨日は仕事終わりに友人宅に行ってボードゲームをした。6名もの大人が深夜に1人暮らしの男の部屋に集まってボードゲームに勤しむのは、なんとも大学生っぽいというかなんというか、非常に愉快であった。

初対面の人やボードゲーム初心者も多くいたため、カタン(ボードゲームの雄)やニムト(ウノのような単純なカードゲーム)、そして我流カンフー極めロード(我流の奥義を披露する)などで遊んだ。最後だけ何言ってるか分からないだろうが、ボクも今冷静になって、やっぱり何言ってるか分からない。
(我流カンフー極めロードはれっきとしたカードゲームです。詳しくはこちらのブログをチェック!)

 

さて、ボードゲームは時間がかかる。例えば先程登場したカタンは、6人プレイだとルール説明からはじめて1試合2~3時間かかる。(そもそもカタンのプレイ人数は4人までなので、昨日は拡張パックで6人までに増やしたのだった)

昨日はできなかったけど、ボクの好きな「スプレンダー」「アグリコラ」「ダイスフォージ」なんかもそれくらい、下手したらそれ以上に時間がかかる。これがいわゆる「重ゲー」だ。

 

だからこう、ボードゲームで遊ぼう!というときは必然的に長丁場になる。昨日みたいに夜の22時半に集合して終電で帰ろうと思ったら、重ゲーは1試合もできないのだ。

しかし、重ゲーは労力に見合う分だけの楽しさが、駆け引きが、充実感がある。分かりやすく沼で、ハマったら抜け出せない。それに中毒性もある。だから重ゲーを一度経験してしまうと、もう重ゲーをやらずにはボードゲーム遊びを終われなくなるのだ。

 

昨日はそんなこんなで、朝まで遊んでしまった。今日の午前中に用事がなかったのが幸いだった。久しぶりの徹夜明けの太陽はギラギラと眩しく、9月の終わりだというのに異常に暑い朝だった。

家に着いた頃にはもうどちらかといえば昼で、そこから少し眠って活動をはじめた。身体が重い。頭も重い。大学生の頃は、徹夜の翌日でもケロッと活動できたのに…。さすがに昔のようにはいかないらしい。

 

とてもしんどいが、それでもまた、ボクらは徹夜ボードゲーム大会をやってしまうのだろう。だって「スプレンダー」「アグリコラ」「ダイスフォージ」も、昨日はやれてないんだからね。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5