遂にサブスクに踏み切ったback number

遂にあのback numberもサブスクをはじめたとか。

(↑Apple Musicで片っ端からダウンロードした様子)

 


 

レコードからCDへ、CDからサブスクへ。音楽の聴き方は時代とともにどんどん変化している。

例えば洗濯機が一般家庭に浸透してからもう数十年。もはや誰も洗濯板なんて使わない。同じように、いつか誰もCDなんて聴かなくなるのかもしれない。

寂しい?いいや、ボクはそれでもいいと思う。

自分がCD世代だから、CDに対する溢れんばかりの愛着はある。…あるが、サブスクの方が便利で、快適で、尚且つ安価であるという事実は否めない。


 

かくいう自分も、音楽を作って売っている。

去年からはサブスクに踏み切った。

(↑検索すればふつーに出てきます)

ライブハウスに足を運ぶような熱心な音楽ファンは別だ。彼らはいまだにCDを買ってくれるので、手売りはまだまだ辞められない。

しかし、「CDなんて買わない。100歩譲ってTSUTAYAでレンタル」という人があまりにも増えすぎた。数年前はCDを発売日に買っていた人が、「高いから」「レンタルまで待つ」とCDを買わなくなった。「家にCDを再生する環境がない」なんて人も珍しくない。

TSUTAYAに月岡彦穂のCDは置かれない。手売りだけでは、音楽を届けきれなくなるのを感じていた。

 

サブスクを始めてからは「手売りCDでは絶対に届かなかった層」にも音楽が届いている。

どこの誰かも分からぬ人から褒められるのは、とてもとっても嬉しいものだ。


 

月額1000円弱で、世界中の音楽が聴き放題。さらに学生ならもっと安い。

3曲入り1000円のCDを買っていた10年前からしたら、考えられないサービスだ。

 

食わず嫌いの人は、これを機にサブスクを始めてみてはいかがでしょうか。

そしてストリーミングの次は何が主流になるのだろう。ああ、未来が楽しみだ。

関連記事

  1. 残響レコードの声明は「ごもっとも」だと思う。

  2. 「会話」は「音楽」より強し。

  3. 【作曲、ブログ、ツイキャス】自宅の作業場を公開します!!!!

  4. 「クリスマスは24日か25日か」問題。

  5. ゼロスタの練習をしていて。

  6. そこに本質を、見た気がした。

  7. 「バンド活動」と「会社経営」の間には、絶対に密接な関係がある。

  8. カラオケで自分の曲を配信できるの?

PAGE TOP