バスケ部だった少年の、悲しい話(後編)

バスケ部だった少年の、悲しい話(前編)

そして結局、バスケ部は、辞めなかった。

ただ、辞める勇気がなかっただけだ。当時高校生だったボクは、レールから外れることに、大いなる恐怖心を抱いていた。レールから外れたら死ぬと思っていた。

部員からは、相当疎まれていたと思う。よくぶん殴られなかったと思う。ヘラヘラと最後まで残り、あまつさえ試合に出たりしていたのだから。

最悪だ。スポーツ漫画にひとりはいる、いけ好かない奴だ。最後にはこっぴどく負けるのだ。

 

実際、最後の大会は、あっけなくという言葉よりもさらにあっけなく、終わった。

 

 

それでもなぜか、バスケは好きだった。

 

 

大学に入ると、体育の授業でバスケがあった。友人とふたりでガイダンスに行ったのだが、彼がどうしても卓球がやりたいと言うので、別々になることにした。

ひとりで指定された体育館に行って愕然とした。既に輪ができている。いや違う、これは、最初から5~6人の友達グループで参加しているのだ。なんだこれ、聞いてない…。嫌な汗が流れ、果たしてその予感は的中した。

 

バスケは、つまらなかった。

 

シュートを決めてもパスを出しても、誰とも喜びを分かち合えない。誰も「ヘイパス!」とボクに言わない。目も合わない。ボクがボールを持つと、場がしらけるのを感じた。大げさじゃない。本当だ。こんなはずじゃなかった。バスケはもっと楽しいはずだった。こんなことなら、あいつと卓球やればよかった…。

 

そしてふと思った。

ここにバスケ部の連中がいたら。

 

きっとバスケは楽しくなる。点を決めたら皆で喜ぶのだ。パスするときは目を見るのだ。それがバスケだ。それがボクとできるのは、あいつらだったのだ。

生徒会を言い訳にサボっていたあの時間を、冷凍保存して持ってきたいと思った。今ならもっとうまくやれる。ふたつの世界を両立できる。バスケ部の連中と笑って引退する未来も、きっとあったはずだ。あったはずなんだ。

 

でも、過去はいくら嘆いても過去のまま。どれだけ悔やんでも帰ってこない。

ボクが選んだのは、いま、ここ。どんなに最悪でも、せめてバスケは楽しまなくちゃ。あの時の分まで、この試合くらいは集中しようと、誰かの取りこぼしたボールを拾い上げる。シュートを打つ。外れる。

関連記事

  1. 安い椅子を買う男

  2. 誕生日を覚えられない男

  3. ボクは今夜、

  4. 喫茶店のナポリタン

  5. 日高屋の麦酒婆さん

  6. 仕事初めの、朝のこと。

  7. カレー2日目最強説。

  8. 【キャンプ】台風が、迫っている。

PAGE TOP