ユーモア

日高屋の麦酒婆さん

※先に下の記事を読んでおくと、より楽しめます


 

都内某駅前の日高屋では、昼間の12時からお婆さんやお爺さんが集まって、うまそうにビールを飲んでいる。

少しお洒落をして、広い席を使い、餃子とレバニラ炒めをつまみにして盛り上がっている。

 

さながら、大学生の飲み会のようだ。彼らにとっての昼12時は、若者にとっての夜7時くらいなのかもしれない。

 

照りつける夏の太陽の下、エアコンの効いた店内は、さしづめオアシスのごとし。パンツに染み込んだ汗まですっかり乾いて、ボクはお尻が持ち上がらなくなるのを感じていた。

 

ああ、ボクもビール飲みたい。いますぐ飲みたい。

 

でも、今は仕事の休憩中だ。

 

戻ったらシラフのおっさん達と関わらねばならない。酔ってる場合じやない。今は我慢、我慢だ。


 

隣の席では、お婆さんがジョッキを豪快に口に着け、ぐまぐまとビールを飲んでいる。喉の鳴る音が聞こえてきそうな、すさまじい飲みっぷりだ。いつのまにか追加で頼んでいた唐揚げに噛みつくと、透明な肉汁がじゅわりと弾けた。

なんて美味そうな晩酌…惚れ惚れしてしまう。気づけばボクは、そのお婆さんに釘付けだった。

 

次の瞬間、お婆さんはガタン!とジョッキを置くと、キッとこちらを睨んできた。

まずい、気づかれた、と思ったときには既に遅く、お婆さんは席を立ち、ズシズシとこちらに向かって来る。

 

「アタシの顔に何か着いてるのかい?」

「いや、そういうわけでは···」

「じゃあなんだい。何の用だい?」

 

お婆さんの圧がすごい。ここは正直に言うしかない。変なことを言ったら、頭からビールをかけられるかもしれない。

 

「お婆さんがあまりにも美味しそうにビールを飲むものだから、見惚れてしまいました。」

 

お婆さんはピクリと震え、少しの聞動きを止めると、ゆっくりと、しかし大胆にニヤリと笑った。

 

「アタシはね、この時間に飲むビールがー番好きなのさ。」

 

ボクはお婆さんを見上げている。

 

「若者があくせく働いているこの時間に、駅前の喧騒の中で飲むビールは最高だよ。」

 

お婆さんは唾を飛ばし、ボクを見下ろしている。

 

「あんたもジジイになればわかるさ。年老いたって、ビールは上手いし世間は憎いんだ。だからさ、いまは黙って、アタシたちのために働きな!」

 

 

そこまで大声で言い放つと、お婆さんは颯爽と席に戻っていった。

突然の出来事に静まり返った日高屋で、ボクは深くひとつ息をして、厨房の中国人に声をかける。

 

「生ビール、ひとつ!」

 

 

そこまで妄想して、くだらなくなってやめた。

チャーハンを食ベ終えると静かに席を立ち、何事もなかったかのように仕事に、戻る。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-ユーモア

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5