日高屋の麦酒婆さん

※先に下の記事を読んでおくと、より楽しめます


 

都内某駅前の日高屋では、昼間の12時からお婆さんやお爺さんが集まって、うまそうにビールを飲んでいる。

少しお洒落をして、広い席を使い、餃子とレバニラ炒めをつまみにして盛り上がっている。

 

さながら、大学生の飲み会のようだ。彼らにとっての昼12時は、若者にとっての夜7時くらいなのかもしれない。

 

照りつける夏の太陽の下、エアコンの効いた店内は、さしづめオアシスのごとし。パンツに染み込んだ汗まですっかり乾いて、ボクはお尻が持ち上がらなくなるのを感じていた。

 

ああ、ボクもビール飲みたい。いますぐ飲みたい。

 

でも、今は仕事の休憩中だ。

 

戻ったらシラフのおっさん達と関わらねばならない。酔ってる場合じやない。今は我慢、我慢だ。


 

隣の席では、お婆さんがジョッキを豪快に口に着け、ぐまぐまとビールを飲んでいる。喉の鳴る音が聞こえてきそうな、すさまじい飲みっぷりだ。いつのまにか追加で頼んでいた唐揚げに噛みつくと、透明な肉汁がじゅわりと弾けた。

なんて美味そうな晩酌…惚れ惚れしてしまう。気づけばボクは、そのお婆さんに釘付けだった。

 

次の瞬間、お婆さんはガタン!とジョッキを置くと、キッとこちらを睨んできた。

まずい、気づかれた、と思ったときには既に遅く、お婆さんは席を立ち、ズシズシとこちらに向かって来る。

 

「アタシの顔に何か着いてるのかい?」

「いや、そういうわけでは···」

「じゃあなんだい。何の用だい?」

 

お婆さんの圧がすごい。ここは正直に言うしかない。変なことを言ったら、頭からビールをかけられるかもしれない。

 

「お婆さんがあまりにも美味しそうにビールを飲むものだから、見惚れてしまいました。」

 

お婆さんはピクリと震え、少しの聞動きを止めると、ゆっくりと、しかし大胆にニヤリと笑った。

 

「アタシはね、この時間に飲むビールがー番好きなのさ。」

 

ボクはお婆さんを見上げている。

 

「若者があくせく働いているこの時間に、駅前の喧騒の中で飲むビールは最高だよ。」

 

お婆さんは唾を飛ばし、ボクを見下ろしている。

 

「あんたもジジイになればわかるさ。年老いたって、ビールは上手いし世間は憎いんだ。だからさ、いまは黙って、アタシたちのために働きな!」

 

 

そこまで大声で言い放つと、お婆さんは颯爽と席に戻っていった。

突然の出来事に静まり返った日高屋で、ボクは深くひとつ息をして、厨房の中国人に声をかける。

 

「生ビール、ひとつ!」

 

 

そこまで妄想して、くだらなくなってやめた。

チャーハンを食ベ終えると静かに席を立ち、何事もなかったかのように仕事に、戻る。

関連記事

  1. 100杯のコーヒーが届いたおはなし。

  2. 歌姫②

  3. 本屋と変わらないもの

  4. 貯金とレシート

  5. これからのコーヒーの話をしよう。

  6. 東北大学を受験したら、雪山から出られなくなった話。

  7. キノの旅を読んだ話 -coffee & old woman-…

  8. 男と、威嚇と、レッサーパンダ。

PAGE TOP