「ボードゲームをせよ」という神からのお告げ?

ボードゲームは高級な趣味、という認識はずっと変わっていない。

なんせ人間に与えられた最高級財産である「時間」を、惜しげも無く使うのだ。

そしてもうひとつの最高級財産である「友人」も必要になる。

いや違う、もっと言えば「時間の合う友人」だ。

 

………

···大学生の頃にハマっていれば!!!!

そう何度思ったか。

しかし過ぎた時間は取り返せない。

 

それに、当時は気づけなかった。「時間の合う友人」が常にいるのは、今だけだということに。

つまりあの頃ボードゲームがあっても、ボクはきっとハマらなかったに違いない。

すベては必然。ボードゲームに「今」ハマったのには、何か理由があるのだ。

 

そう、それは、

『「交友関係を保て」という神からのお告げ』

ボクはそう思っている。

 

よく聞く話として「大学時代に毎日一緒にいたあいつも、社会に出てから疎遠になった」とか。

なんてもったいない話だと思う。

人生設計において重大な数年間を共有した仲間と、設計図の完成後に突然会わなくなるだなんて!

 

ダラダラとつるみ続けるのも良くないが、完全に繋がりを絶つのはもっと良くない。

だいたい社会に出てから、気の合う友人を作るのは至難の業なのだ。

 

「学生時代の友人と会わなくなるのが、大人になった証拠?」そんなこと言う大人は、ぶっとばせ。

そいつはきっと、テンプレートでクソみたいな人生歩んでるから。

 

…そう、ボクが「今」ボードゲームにハマった理由、それは、

「交友関係を保て」

に違いないのだ。

さぁ、読み終わったあなた、一緒にボードゲームしましょ。

関連記事

  1. 東京と夏色

  2. なんだかんだテレビ

  3. 加湿器の置き場所が決まりました。

  4. 創作物だもの。

  5. 9月と紺色のカーディガン

  6. さあ、8月へ!ジムもはじまるよ!

  7. 腰痛、ありがとう。

  8. MONOEYESの新譜

PAGE TOP