短編小説

下から順番にお読みください。

短編小説

【小説】コスプレイヤーの復讐(後編)

2019/9/28  

タメになってたまるかマガジン【小説】コスプレイヤーの復讐(前編)https://hikohotsukioka.com/cosplayers1「要はさぁ、ただの復讐なわけ」 黒原渚はそう言って ...

短編小説

【小説】コスプレイヤーの復讐(前編)

2019/9/27  

「要はさぁ、ただの復讐なわけ」   黒原渚はそう言って煙草をくわえると、「火」と言ってライターをクイッとさした。薄暗い店内の個室にはムーディーな音楽が流れており、隣に座る月野春彦は言われるが ...

短編小説

【ショートショート】④立花光一

2019/3/7  

「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」と言ったのはチャーリー・チャップリンだが、本当にそうか、と立花光一は疑っている。何年経ってどれだけ遠くから見ても、悲劇は悲劇のまま。それを喜劇と ...

短編小説

【ショートショート】③堤直樹

2019/2/24  

夕焼けの差し込む放課後の教室で、堤直樹は立花咲と向かい合っていた。       「サキがあんたに話したいことあるって」と向井文香に言われたのが、5時間前のことだ。 幼馴染 ...

短編小説

【ショートショート】②岸川志穂

2019/2/20  

岸川志穂は4月から就職する会社の一室で、とてつもない場違い感に苛まれていた。   会場として用意されたその部屋には、簡易的な机と椅子だけが設置されていた。8畳ほどの小さな密室に通されたのは、 ...

短編小説

【ショートショート】①池原のぞみ

2019/2/18  

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5