選ぶより、選ばれる人に。

「彦穂さん、お久しぶりッス!」

先週のことだろうか。夜中23時頃、突然スマホが鳴ったと思ったら、それは大学時代の後輩からの着信だった。

「なんか急に、彦穂さんと飲みたくなって電話しちゃいました!」

 

なんだそれ。…嬉しいな。

 

こういう言い方をすると誤解を生みそうたが、彼とは別に学生時代、ふたりでよく飲んでいたとか、よく遊んでいたとか、そういう関係ではなかった。音楽を通じて一緒にいたことは多かったが、サシで飯を食ったことすら、なかったような気がする。

だから嬉しかった。もっと仲良い奴、いくらでもいるだろうに。その中から、ボクを選んでくれたのだなぁ。

 

そうだ、選ぶのは簡単だが、選ばれるのは難しい。

 

あなたと一緒にいたいと思うのは簡単でも、あなたと一緒にいたいと思われるのは難しい。

人を信じるのは簡単でも、人に信じてもらうのは難しい。

 

人間、幸せを感じるタイミングは多々あれど、その中でも大きなもののひとつが「選ばれること」だと思う。

例えば今回の件なら「3月後半、東京、飲みたい人」のカテゴリーで、ボクは彼の一番になったというわけだ。

(誰かに断られて、その後で誘ってきたのかもしれないよ、なんて野暮なこと言わないでよね)

 

これから新宿で彼に会う。このブログを読まれていたら、小っ恥ずかしくて仕方ないが、なあに、こちとら、毎日ブログ書いてんだ。恥ずかしさを曝け出すのは、慣れている。

是非この記事を、選んで、そして読んでくれ。

関連記事

  1. 学魂祭のTwitterを見て。

  2. アコギが下手になった気がする。

  3. 正月に店を開ける必要、ありますか?

  4. 年末の営み。

  5. 告白します。

  6. 散髪(後編)

  7. スポーツジム、はじめました。

  8. 2019年おつかれさまでした!

PAGE TOP