腸炎 vs 月岡彦穂 勝ったのはもちろん。

全快ッッ!!!!!!!

はじまりも突然なら終わりも突然。3日間に渡る腸炎との戦いは、人類の勝利で幕が下りた。

はぁぁ…つらかったなぁ…。

病院へ行って熱を測ったら「38,5」とあった。これだから体温計は嫌いだ。見るだけで具合が悪くなる。ボクは這うようにして診察室へ行き(おなかに激痛があるので、あながち比喩でもない)医者に病状を説明する。 …昨日から…おなかが…寒気もあって… 自分が何を言っているのか、わからない。そもそも声は出ているのか?この医者は生身の人間か?看護師はアンドロイドか?嫌な汗が止まらない。気が付くと処方箋が出されており、ふらふらと薬局へ行く。じゃなかった。這う。

病院の隣に薬局があることが、こんなに嬉しかったことはない。薬剤師は虚ろなボクを見かねてか、4種の薬の説明の後、「色々言いましたけど、帰ったらすぐぜーんぶ飲んで寝ちゃってください!」と言った。ボクは何も考えず、帰ってすぐぜーんぶ飲んで、パッタリと寝た。

それからもう、ほとんど記憶があいまいなのだが、なんやかんやあって今日に至る。ボクは全快した。昨晩はサバの塩焼きを食べた。涙が出るほど美味しかった。

会社の同期に「ストレス???」と聞かれた。仕事の頑張りすぎによるストレス性胃腸炎、とかなら、まだ、なんというかこう、会話のふくらみがあるのだろうが、今回のボクの腸炎の原因は…何を隠そう…

ホヤである。

関連記事

  1. 高速バスか。新幹線か。

  2. 阿佐ヶ谷の夜を歩く。

  3. 世間知らずと洗濯機

  4. 湿布

  5. 今日もまた、ご冥福をお祈りします。

  6. 正月に店を開ける必要、ありますか?

  7. 5:30

  8. MONOEYESの新譜

PAGE TOP