エッセイ

クールビズの味方、その名も「感動パンツ」

長いようで短かっやっぱり長かったGWが終わり、学校なり仕事なりが始まった現実を、受け入れられない人も多いのではないだろうか。

ボクもなかなか現実を直視できない。しかし社会は周り続け、ボクは今日から仕事と同時にクールビズも始まった。

 

一応説明しておくと、クールビズとは「地球のために冷房の設定温度を高くしようね!その代わりジャケットは脱いで、シャツの第1ボタンも外していいよ!」という政策である。日本中のオフィスメンがジャケットを脱ぎ、シャツの第1ボタンを外し、何も考えていない顔で冷房を23度にキメる。なんとも笑える政策である。

 

そんなクールビズが、今日からボクの職場でも始まった。UNIQLOの感動パンツ(本当に何も履いてないみたい!)を身につけて、薄いシャツ一枚で東京に出られるのだ!

 

でもクールビズって、実はそんなに好きじゃない。そもそもボクは夏服が嫌いだ。露出が多かったり、下着が透けて見えたりする格好には、素直に嫌悪感を覚える。

しかししかし暑さには逆らえない。炎天下の中、ジャケットを着るのは無理だ。死んじゃう。だからボクは泣く泣く、薄いシャツに包まれて街に出る。鏡に映る自分のシルエットに、辟易する。

 

ただひとつ。

感動パンツの性能には、うん、確かに感動している。先も書いたが、本当に「履いていない」みたいなんだもの。

なんというか風呂上がりにパンツ一丁で歩き回っているときに限りなく近い。東京の街を。パンツ一丁で。いやマジで。

パンツ一丁で食う富士そばは旨い。今年の夏に、都会の駅前で判明した新事実がこれである。なぜだか遠くで、サイレンの音が聞こえる。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5