レビュー

獺祭。それは日本酒のスタンダード。

友人が泊まりに来た際に、獺祭という日本酒を持ってきてくれた。

獺祭。ダッサイと読む。カワウソの祭りだ。カワウソが餌の魚を食べ散らかす様子が祭りのようだからと、つけられた名前だそうだ。

純米大吟醸50、というのは、材料のお米を50%精米した、という意味だ。この数字が小さいほど、材料に使うお米の量も精米の手間も増え、値段は上がっていく。精米歩合が非公開の「磨き その先へ」に至っては3万円を超えることも…。

味は、非常にクリアで雑味がない。「良い日本酒は水に似る」の典型例。そのクセの少なさゆえ、料理と合わせてもよし。単体で飲んでもよし。先日は友人とふたりでセブンのサバの塩焼きをつつきながら飲んだのだが、「口に残るこのサバの油を、一秒でも早く獺祭で流し込みたい…!!!」という思いが先行しすぎて、お互いに会話がおざなりになってしまった。

結果、あれよあれよと言う間にふ2人で瓶を空にしてしまった。それなのに翌日にはまったく残らなかった。「良い酒は悪酔いしない」のだ。水のように体に染みこみ、気持ちだけがふわふわと上がっていく。山口県の生んだ日本酒のスタンダード。獺祭。飲んだ翌日は、テーブルが祭りの後のように散らかっている。

 

※このブログの雑学は、「たくのみ」というアニメによるものです。可愛い女の子がひたすらお酒を飲んでいます。10分のショートアニメです。獺祭と合わせてぜひ!

 

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-レビュー

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5