レビュー

映画「フォレストガンプ」は不朽の名作だ。

ネタバレになるから詳しくは書かないが、ある男の半生を描いた洋画だ。

時に喜び、時に落ち込み、そこには愛する人がいて、家族がいて。あたりまえの人生をあたりまえに描いた、90年代の名作だ。

「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない」

これはこの映画発祥の有名な言葉だが、ボクにはこれ以上に胸に響いた言葉がある。

 

「本当はみんな、それぞれ運命を持っているのか、
それとも、みんな風に吹かれて漂っているだけなのか。」

「でも僕は両方だと思う。
多分両方が同時に起きるんだと思う。」

 

クライマックスで主人公の言ったこの言葉が、染み込んで消えない。

 

今を懸命に生き、どんなに誠実な人にも、残酷な日は訪れる。

人を欺き利用し、悪魔のような人にも、幸せな日は訪れる。

 

それは運命か?はたまた風に流された結果か?

答えは誰にも分からない。

それらは同時に絡み合い、干渉しあい、ボクらはその「結果」だけを見ている。

 

その「結果」を運命と思うか、努力の賜物と思うか、他人のせいと思うか。

 

考え方次第で、人生の見え方はガラリと変わるはずだ。

 

…余談だが、ボクが今の会社に入ったのは「付き合っていた女性と同棲するため」だ。

しかし今や彼女はここにおらず、ボクは帰る家も、会社にいる理由も失った。

 

それから引っ越し、ツイキャスを始め、ブログも始めた。音楽制作も、ちまちまと再開した。

 

この人生がどこへ飛んでいくのか。答えはわからないけれど、どうせ風に流されるなら、できるだけ遠くまで飛んでいこう。

蓋を開けたらチョコレートはありませんでした。そんなのは嫌だから。誰かに食べられる前に、ボクが全部食べてやろう。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-レビュー

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5