『彦穂(ひこほ)』という名前は『彦星』にちなんでいるんですか?

「『ひこほ』という名前は彦星にちなんでつけられたんですか?」

という質問をよく受ける。なんなら、「ちなんでつけられたんでしょう?」と、もはや規定事項であるかのように話されることもザラだ。

 

結論から言えば、答えは「NO」である。ボクの誕生日は77日ではなく227日だし、親戚に織姫ちゃんがいるわけでもない。彦星にちなむ理由が何一つないのだ。

というか彦星にちなまれても困る。たくさんの人の願いを叶えてあげられますように、だったら、月岡ブッダでもよかったはずだ。

 

では、一体何にちなんだのか?

 

実はちなんだどころか、彦穂、は他人の本名だ

 

椋鳩十さんという有名な作家をご存知だろうか。「大造じいさんとガン」「片耳の大シカ」などで有名な、昔の作家さんである。

 

その椋鳩十さんの本名が、久保田彦穂だった。

 

ボクの両親は大学が同じで、文学部で出会い、そして結婚した。父曰く、ふたりが大好きだった作家が、椋鳩十その人だったらしい。

 

もしかしたら、椋鳩十の作品が出会いのきっかけだったのかな、と予想している。なんともロマンチックな話ではないか。

 

あいにく、ボクは小説家ではなくミュージシャンになってしまったが、今年は気がついたら小説を書いていた。

名前の呪縛とは恐ろしいもので、でもどこか誇らしくもあるのだ。

関連記事

  1. ビバ!東北の方言!

  2. 世間知らずと洗濯機

  3. 5:30

  4. スマホとPCの関係性

  5. 模様替え奮闘記(番外編)

  6. 吉野家にて

  7. 雨の日。

  8. 徹夜ボードゲーム大会

PAGE TOP