音楽で一人相撲を取ることの虚しさ

人のために音楽を作りたい。

今まで自分のためにやってきたけれど、これからは人のためにやりたい。

なんていうと綺麗事に聞こえるかもしれないし、実際去年の今頃の自分なら、綺麗事だ、と一蹴していたに違いない。

しかし去年、バンドもなくなり、1人でアルバム「YOUNG」を作っているとき、楽しさの裏に底知れぬ虚しさがあることに、ずっと気がついていた。

気がついていたけれど、無視していた。それと向き合ったら、心が折れてしまうような気がして。

結果、YOUNGは全然売れなかった。自信作だった。けれど売り出し方が下手すぎた。

ボクは悲しくて、音楽を辞めたくなった。と同時に、一人相撲の虚しさと初めて向き合い、もう「それ」は辞めようと思った。

誰か「を」巻き込まなければならない。誰か「に」巻き込まれなければならない。1人でやっててもダメだ。この道の先には何もない。

苦手な「営業」「コミュニケーション」も、これからは頑張らないとなあ。そうだ、もう甘えてなんかいられない。と、気付くのが遅かったなりに頑張ります。

関連記事

  1. 米津玄師、やはり化物だった。

  2. ハンバートハンバートの声。

  3. 残響レコードの声明は「ごもっとも」だと思う。

  4. エレキギターのレコーディング(後編)

  5. ホットミルクと忘年会。

  6. ライブ、してみようかな…。

  7. 「バンド活動」と「会社経営」の間には、絶対に密接な関係がある。

  8. 新曲「キャンディ」

PAGE TOP