いつのまにか。

街がクリスマス仕様になっている。

スーパーのBGMが、駅前の装飾が、手を繋ぎ歩く男女が、その年一行事の存在をボクに突きつける。最後のは僻みだ。

クリスマスソングには、名曲が多い。どれかひとつなんて選べないが、敢えて挙げるのであればBUMP OF CHICKENのMerry Christmas。あれは凄い。明るくなりがちなクリスマスソングの中で異彩を放っている。切なさの中にある晴れやかさ。それでいてあの歌詞。ひとつの到達点だよなぁと思う。

ボクが来月出すアルバムにも、クリスマスソングが入っている(というかそれを入れるために、12月上旬にリリースするまである)。名を「Merry Christmas」。まぁ、これしかないよな。こんな所で凝っても仕方ない。中身で勝負だ。この曲に関しては色々言いたいこともあるので、そのうち言及するかもしれないし、しないかもしれない。

関連記事

  1. ミュージシャン仲間とは定期的に会いたいものです。

  2. 地元を愛するすべての人へ。

  3. 浴衣の女性

  4. 腸炎 vs 月岡彦穂 勝ったのはもちろん。

  5. クールビズの味方、その名も「感動パンツ」

  6. ある休日

  7. 最近、お酒を受け付けなくなってきた。

  8. 腸炎になりました。

PAGE TOP