いつのまにか。

街がクリスマス仕様になっている。

スーパーのBGMが、駅前の装飾が、手を繋ぎ歩く男女が、その年一行事の存在をボクに突きつける。最後のは僻みだ。

クリスマスソングには、名曲が多い。どれかひとつなんて選べないが、敢えて挙げるのであればBUMP OF CHICKENのMerry Christmas。あれは凄い。明るくなりがちなクリスマスソングの中で異彩を放っている。切なさの中にある晴れやかさ。それでいてあの歌詞。ひとつの到達点だよなぁと思う。

ボクが来月出すアルバムにも、クリスマスソングが入っている(というかそれを入れるために、12月上旬にリリースするまである)。名を「Merry Christmas」。まぁ、これしかないよな。こんな所で凝っても仕方ない。中身で勝負だ。この曲に関しては色々言いたいこともあるので、そのうち言及するかもしれないし、しないかもしれない。

関連記事

  1. つれづれ。

  2. 9月と紺色のカーディガン

  3. もうすぐ、それが、やってくる。

  4. 仙台の地下鉄と光

  5. 春一番、吹いて。

  6. 読まなくてもいいブログ

  7. 国営マクドナルド平和公園

  8. タイトルなし

PAGE TOP