ユーモア

ラーメン二郎とカップルと

うっぷ

ラーメン二郎は食事ではない。戦いだ。いや、闘いだ。コロシアムだ。

店内には、ストイックに麺を啜る音だけが響く。会話も音楽も、ほとんど聞こえない。

並んでいた時ボクの後ろで

1年生の時より5キロも太っちゃってぇ〜」

「俺は今くらいが好きだな」

と会話していた糞カップルも、今は隣でズバズバと麺を啜っている。

食べるの早いなあんたら。そういうとこだぞ、オイ。

 

せめて5キロ太ったその顔を見てやろう。意地悪な気持ちで隣を見れば、

偉い美人が、そこにいた。

耳にかかるほどの、短い茶髪の隙間から覗くのは、上品そうなイヤリング。上向きの睫毛が、湯気の中に艶めいている。

何より、顔に無駄な肉がない。頬はスッキリと引き締まり、シャープな顎のシルエットが美しい。押せば折れそうな首は、女性らしく、きめ細やかで白い。

なんだ、と拍子抜けする。めちゃくちゃ痩せてるじゃないか。5キロ太ってそれか。どんだけ痩せてたんだよ、1年生の時。

ボクはもっと太ってても好きだな、と脳内で呟くと、直後、自分の声で、死ね変態、と聞こえてくる。彼氏の声かもしれない。

 

うっぷ

ダメだ、しんどい。色んな意味でしんどい。隣のカップルとボクの間には、一体どこで差がついてしまったのだろうか。

たとえば。

彼らはこの後、部屋に戻ってコートを脱ぎ、口が臭いよ?なんて言いながらじゃれ合い、借りてきた映画など観ながらまったりとした時間を過ごすのだろう。

一方ボクはこの後、職場に戻ってコートを脱ぎ、口が臭いですよ死んでください?と蔑まれ、備え付けのパソコンを観ながら鬱々とした時間を過ごすのだろう。

ああダメだ、しんどい。しんどいぞこれは。

なんでラーメン食って、こんな気分にならねばならぬのか。

丼にとぐろを巻く麺を見つめる。こいつらのせい?いいや、すべての不幸は自分のせい!

ああもう、畜生!見てろこの野郎!箸を取る。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-ユーモア

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5