【楽曲解説】からくり

YESかNOか決まるものなんて、本来存在しない。

ある人にとってはYESでも、ある人にとってはNOである。しかしここは多数決の国。ある瞬間にYESの数が多ければ、それは一旦「YES」となる。

しかしそれは、「YES」が肯定されただけであって「NO」を否定したことにはならない。

たくさんの「YES」の中で、「NO」はひっそりと生きている。その中には、YESに変える者、クーデターを企む者、泣きながら過ごす者…様々な人間がいる。

 

大切なのは、共存することだ。

 

「YES」にはYESの、「NO」にはNOの居場所があって、それぞれが整然と成り立っている。そして、それらは決して、隔絶された居場所ではない。彼らはときに同じ電車に乗り、同じ飯を食う。

共存する瞬間こそが、最も美しいのだ。

そして声を大にして言おう。反対の意見を持つ人に自分の意見を押し付けるのは、共存ではない。侵略だ。それは戦争と呼ばれ、いままで幾多の悲しみを生み出してきた魔物なのだ。

 

YESかNOかなんて、まやかしだ。この世界は、もっと複雑なからくりで出来ている。

だから美しいのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

  1. 【楽曲解説】さよならロンリーダンサー

  2. 【楽曲解説】手の鳴る方へ

  3. 【楽曲解説】音楽が好きだ

  4. 【楽曲解説】ハッピーエンドは終わらない

  5. 【楽曲解説】ショートフィルム

  6. 【楽曲解説】卒業

PAGE TOP