楽曲解説

【楽曲解説】さよならロンリーダンサー

別れ、を歌で表現するのには様々な手法がある。

素朴なピアノバラード、荘厳なオーケストラポップ、エネルギッシュなパンクロック…。

さよならロンリーダンサーでチャレンジしたのは、「メロディアスなギターロック」だ。

この曲は、至ってシンプルなバンド編成だ。ボーカル、ギター、ベース、ドラム。
シンセも管楽器も、ピアノすら入っていない。

なぜか。右耳から聴こえるリードギターを、聴かせたかったからだ。

ずっと歌っているようなギターを弾きたかった。
いわゆる「裏メロ」というやつだ。

裏メロは、強すぎても弱すぎてもいけないとされている。
強いと歌を潰しかねないし、弱いメロディなら弾かない方がマシだからだ。

さよならロンリーダンサーでは、ここに一石を投じた。

1サビからアウトロまで、右耳のギターはずーっと単音でメロディーを弾き続けている。
いわばずっとギターソロ状態だ。今度聴くときは、右耳をそばだてて聴いてみてほしいな。

歌詞に関しては、すごくパーソナルなものになった。別れの歌だ。
コアなファンにしか分からないと思うけど、ゼロスタのNight Danceの続きとなっている。よしなに。

https://hikohotsukioka.com/music/lonelydancer

-楽曲解説

© 2023 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5