【楽曲解説】音楽が好きだ

この歌詞は誰が書いたんだろう、とよく思う。

無論ボクが書いたのだが、本当に自分じゃないみたいだ。前向きすぎる。明るすぎる。自分とは正反対すぎて、書いた時にクスリを決めていたとしか思えない。…え?ジョークが下品?またまた。

でもおかげさまで、ライブの定番曲となった。つい先日あった独唱くんのレコ発ライブでも、この曲はボクの出番のトリを務めた。どうやら大学のサークルの後輩たち(しかもボクが卒業後に入ってきた後輩)の間で、広く知られているらしい。

先代の部長が、新歓ライブでカバーしてくれたのだとか。こうしてボクの作った曲がボクの手を離れて、知らないところで活躍していると聞けるのは本当に嬉しいことだ。先代部長、どうもありがとう。曲も喜んでるよ。絶対。

初披露は独唱くんとのツーマンライブ。今から2年前の11月だ。その2年後、同じく独唱くんのイベントで披露されたあの曲は、2年前よりも随分輝いて見えた。演奏形態も弾き語りからカラオケ(この呼び方は好きじゃないのだが、分かりやすいので使わせてもらう)に変わり、2年間でガラリと変わったボクにも、変わらないものがひとつだけある。

それは何かって?歌詞を読め。ばーか。

関連記事

  1. 【楽曲解説】ショートフィルム

  2. 【楽曲解説】手の鳴る方へ

  3. 【楽曲解説】さよならロンリーダンサー

  4. 【楽曲解説】からくり

  5. 【楽曲解説】ハッピーエンドは終わらない

  6. 【楽曲解説】卒業

PAGE TOP