感情のコントロールが、うまく出来ない人へ。

先日の熱海の研修(記事参照)で、ひとつ良いことを学んだので共有します。

 

「いまの自分の気持ちを理解する。」

 

どうやらこれが、生きていくうえで便利な思考らしいのです。

 

たとえば満員電車に乗っているとき。

「俺はイライラしている!」

と意識すると、イライラは消えるのだとか。本当かよ。

 

いや、これね、本当です。

 

心理学的に言えば、感情というのは本来、持続するものではなく一瞬で消えてしまうものだそうだ。イメージとしては、感情は線ではなく、点なのである。

ではなぜ、人は感情を引きずるのだろうか。満員電車のイライラを職場まで持って行ったり、失恋のショックから立ち直れないのは何故か。

 

答えは単純。その感情を「処理」していないからだ。

 

「俺はイライラしている!」「私は惨めな気持ちだ!」「僕は寂しい!」

意識することによって、その感情は「処理」できる。

そうして脳は、点である感情をはじめて通過でき、次の感情を受け入れる態勢に入れる。

 

「俺はイライラしている!(はい、イライラした自分、これにて終了!)」

 

という思考回路を、人間は本来持っているのだ。

だから嫌な気持ちも、一回わざと意識することで、処理してしまえばいい。そうすれば、リフレッシュして次の自分に向かっていける。大丈夫。感情に手足が生えて呼吸をしている、ボクにだって出来た。あなたにもできるはず。大丈夫だよ。

あとはね、意識すると馬鹿馬鹿しくなる。「俺、こんなことでイライラしてたのか」って自分で気付くことが出来る。悩みを人に相談するのではなく、自分自身に相談するイメージだ。大抵のことは、長い目で見れば馬鹿馬鹿しい。どうかな?マイナスの感情に引きずられないで、できるだけワクワクしたまま、歳を重ねていけたら素敵じゃない?

啓蒙感溢れる記事になってしまった。まぁたまには、こういうのも良いでしょう。バイバイ。

会社の研修で、リゾート地・熱海へ行きました。が。

件の熱海研修はこちら。非常にユーモラスな仕上がりになってます。

関連記事

  1. 仕事を辞めたければ、パーっと辞めちゃいなさい!

  2. ごめんなさい、はマナー違反?

  3. 【就活】面談解禁と、世の中のしくみ

  4. 「御中」を発明した人、ボクの前に来なさい。

  5. 大学4年で将来なんて決められない?そんな就活をしているあなたへ。

  6. 似合う服と好きな服、どちらを着るべきか?

  7. おっさんの考えは変わらない。

  8. 「会社員のクセに、ネットで実名出して活動していいんですか?」ですって?…

PAGE TOP