かたのちから。

かたにちからがはいると、なんでもうまくいかない。

ぶろぐは、その、さいたるれいだ。ぶんしょうなんて、ゆらゆらと、きのむくままに、かけばいいのだ。かいているひとが、どんなにんげんかなんて、すぐにわかる。うそは、ばれる。じぶんをおおきくみせようと、するもんじゃあないね。

さいきん、こんなぶんしょうをかいたら、みんなはどうおもうかな、とばかり、かんがえてしまうんだ。これはよくないね。そんなふうに、こびをうったぶんしょうを、みんなはよんでくれるだろうか。ぼくは、もっと、じゆうになる。よみたいときに、いつでもよみにくればいいさ。いつでもここで、まってるよ。

でも漢字は適切に使おうと思いました(早口)。

関連記事

  1. ふゆじたく。

  2. ボクの成人式と黒歴史の話。

  3. 【キャンプ】台風が、迫っている。

  4. バスケ部だった少年の、悲しい話(前編)

  5. …反省します。

  6. 誕生日を覚えられない男

  7. 安い椅子を買う男

  8. 追いコート。

PAGE TOP