かたのちから。

かたにちからがはいると、なんでもうまくいかない。

ぶろぐは、その、さいたるれいだ。ぶんしょうなんて、ゆらゆらと、きのむくままに、かけばいいのだ。かいているひとが、どんなにんげんかなんて、すぐにわかる。うそは、ばれる。じぶんをおおきくみせようと、するもんじゃあないね。

さいきん、こんなぶんしょうをかいたら、みんなはどうおもうかな、とばかり、かんがえてしまうんだ。これはよくないね。そんなふうに、こびをうったぶんしょうを、みんなはよんでくれるだろうか。ぼくは、もっと、じゆうになる。よみたいときに、いつでもよみにくればいいさ。いつでもここで、まってるよ。

でも漢字は適切に使おうと思いました(早口)。

関連記事

  1. ふゆじたく。その2

  2. 安い椅子を買う男

  3. 本屋と変わらないもの

  4. ボクの成人式と黒歴史の話。

  5. どうしてもアイスクリームが食べたかった。

  6. 東北大学を受験したら、雪山から出られなくなった話。

  7. ラブライブサンシャインを10日で見た男の感想文

  8. ノンフィクション・ストーリー・オブ・池袋

PAGE TOP