キノの旅を読んだ話 -coffee & old woman-

(1 / 1)

ブックオフの中に、一冊の本があった。

狭く細長い通路の一角。首を曲げて初めて見えるところに、その本はあった。

それを、一人の青年(注・作者。空を飛ばないものだけを指す) が手に取った。

紺色のカーディガンに、ラフな黒パンツ。髪はボサボサで、隠れた耳にはイヤホンが刺さっている。

「あった!」

青年は嬉しそうに呟くと、無造作にページを開く。そこには「2013年 初版発行」と書いてあった。

一瞬考えるそぶりを見せた青年は、本を閉じ、棚に戻さず歩き出した。向かう先には「Register」とある。

 

(2 / 2)

喫茶店から出てきた青年は、歩道脇の自転車に鍵を差し込んだ。

すっかり陽は落ち、日中は暖かった街にも、夜の風が吹き始めている。

先ほどまでレジにいた白髪の老婆が、喫茶店から出てきた。そして目の前の青年に向かい訊ねる。

「ありがとうね。あなたはこの近くに住んでいるのですか?」

「ええ、まあ。」

「そう。よかったら、またいらっしゃってね。」

「ぜひ。そうさせてください。」

それから少しの間が空き、老婆がゆっくりと口を開いた。

「どうして、こんな古めかしい店に来ようと思ったんだい?」

一瞬考えるそぶりを見せた青年は、手元のビニール袋を掲げて答えた。

「さっき買った本を、読みたかったもので。」

 

青年は一礼し、自転車のスタンドを蹴った。帰り際、老婆がゆっくりとした動作で店に戻っていくのを、青年はずっと見ていた。

走る自転車の上で、ぼさぼさの髪が風に吹かれて広がっている。青年はどこか嬉しそうな顔で、あたりに誰もいないのを確認してこう叫んだ。

「本屋も喫茶店も行ってよかった!これで、ブログが書ける!」

 

作中の喫茶店に関する記事はコチラ

 

※キノの旅ファンのみなさま、申し訳ございませんでした。僕も小5から読んでいるファンです。ほんの出来心です。許してください。本当に。

関連記事

  1. どうしてもアイスクリームが食べたかった。

  2. 子供とスーパーマーケット

  3. バスケ部だった少年の、悲しい話(後編)

  4. ふゆじたく。

  5. 追いコート。

  6. バレンタインデイ・ラプソディ

  7. 会社の研修で、リゾート地・熱海へ行きました。が。

  8. ラブライブサンシャインを10日で見た男の感想文

PAGE TOP