レビュー

高円寺駅から徒歩1分!ボードゲームカフェの「リトルケイブ」に行ってみた。

はじめに

いま、空前のボードゲームブームだ。(ボクの中で)

ここ数か月くらい、寝ても覚めてもボードゲームのことばかり考えている。(ひとりで)

···ところで最近、すごく疑間に思っていることがある。

 

「なんでボードゲームに付き合ってくれる人がいないんだ!!!!」

 

日本中こんなにもボードゲーム一色なのに(ホントに?)、誘う誰もが「いやー、いいかなー笑」というリアクションなのはどういうことか。(そういうことだ)

誠に遣憾である。おいタピオカを飲むな。この非国民め。(どっちが?)

いざ「リトルケイブ」へ

そんなわけで昨日、高円寺にあるボードゲームカフェ「リトルケイブ」に行ってきた。

「リトルケイブ」は高円寺駅から徒歩1分。そもそもボードゲームカフェてなに?という皆さんのために、システムの説明をしておこう。

リトルケイブのシステムや料金

(とてもシンプルなので、身構えずに読んでね!)

  1. 大きなテーブルを囲んで、5〜6人でボードゲームが楽しめる!(カフェと言ってもワイワイしてるよ!大いに盛り上がってよし!)
  2. お店にあるボードゲームは、すベて自由に遊んでよし!(壁一面に遊びきれない程のボートゲーム!)
  3. 仲間内で盛り上がるもよし!見知らぬ人と相席するもよし!(ただし双方が「相席OK」のサインを出す必要がある)
  4. 料金のしくみは、カラオケと同じ時間制!2時間以上遊ぶならフリータイムの方が安いよ!(フリータイム2000円)クレジットカードも使えるよ!

どんな人がいるの?

友人が先に相席で入っていたので、そのテーブルに交ぜてもらった。ボク、友人、初対面のお兄さんA・B・Cで、5人テーブルのできあがりだ。

リトルケイブ常連のお兄さんたちは、初心者でも楽しめるゲームを、カフェの奥から次から次ヘと持ってきてくれた。25歳のボクよりも相当年上に見えたが、人の良さそうな笑顔で、ボクと友人にあれやこれやを教えてくれた。

いたなぁ…こういう先輩。好きだった好きだった。

何して遊ぶの?

やったゲームを列挙したいが、やりすぎて正直覚えていない。

そういうマナーなのかどうかは知らないが、テーブルの誰かがルール説明をさらっと(本当にさらっと)したら、一回プレーして次のゲームへ…を繰り返していた。

ゲームをやりながらコツを掴み、「なるほど!」と思った頃にはゲーム終了。すぐさま次のゲームヘ。

 

印象に残ったのは、インカの黄金、ゲスバトル、ぷかぷか、パレード…。実際はこの3倍遊んだ気がするけど、まったく覚えていない。

ごめんなさい!楽しかったんですけど、情報量が多すぎました!!!笑

料金はいくらだったの?

ボクは仕事終わりに寄ったので、19:00から23:00(ラスト)まで。ドリンク代300円を入れて2300円

友人は17:00から23:00までいたらしい。

6時間も遊び狂って2300円!!!!安い!!!!

おわりに

確実に言えるのは、ボードゲーム初心者も、経験者も、仲間がいる人も、いない人も、みんなリトルケイブに集まればいいのに!ということだ。

リトルケイブ常連のAさん曰く、ボードゲームカフェ自体が最近増えてきて、休日の昼間はパンパンになることもあるのだとか。

···冒頭でふざけて書いた「流行っている」というのは、あながち間違いでもなさそうだ。

 

3年前は女子大生の間でパンケーキが大ブーム。そして今はタピオカが大ブーム。

この流れからして、3年後に女子大生の間でボードゲームが大ブームになるのは自明の理なので、「あたし昔からやってたし〜」と言いたい女子高生のみなさん、ぜひ今のうちから、ボードゲームを始めてみてはいかがでしょうか。アデュー。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-レビュー

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5