国営マクドナルド平和公園

マクドナルドでコーヒーを飲んでいる時、ふと感じた。

 

「ここはなんて平和なんだ!」

 

火曜日。昼の12時半。大学生らしきカップルや、制服を着た高校生の群れ。ハッピーセットで遊ぶ親子や、MacBookを叩くスーツの男。

綺麗に掃除された店内には、会話に交じってポテトの揚がる音が響く。

 

よくよく見ると、食事をしている人が少ない。空のトレイを前にして、スマホを弄る人々。飲食店でありながら、ある種の集会所のような空間となっているのだ。…かくいう自分も、ブログを書くためにここに入ったのだった。

 

店内に満ちているのは、持て余すほどの「余裕」と「多様性」。

 

走り回る子供すら微笑ましい。ここは平成の休憩所。この先の時代で、マクドナルドはどのような立ち位置になるのだろうか。

いまは存在しない何かに取って代わられたとしても、こういう場所は無くならないでほしい、と心から思った。

 

さて出よう。ご馳走様でした。コーヒー、美味しかったです。この先もここにあってほしいから、今度はハンバーガーも頼みますね。

関連記事

  1. 腰が痛い

  2. 梅雨明けと二日酔い

  3. 令和元年のハーフタイム

  4. 梅雨入り

  5. レッチリ!!!!!

  6. そして日常へ。

  7. インターネットが通じない。

  8. パーマを、かけた。

PAGE TOP