レビュー

【映画レビュー】シェフ 三ツ星フードトラック始めました(※ネタバレあり)

物語はインターネットを基軸に進んでいく。

分岐点には、いつだってインターネットがある。ブログによる誹謗→Twitterでのリプの炎上→YouTubeでの炎上。そして最後は逆転劇としての、Twitterでのフードトラック拡散からの大盛況。

一度はシェフとして栄華を極めたカールが、ネットで叩かれどん底まで落ち、仕事も失ったときはヒヤヒヤしたが、そこからの這い上がりが凄かった。元妻の提案でマイアミを訪れ、キューバサンドイッチに感動し、フードトラックを思いつく。

特に汚いトラックを息子のパーシーと掃除しているシーンは、いつ見てもワクワクする。あ、ここからやってくれるんだな…!という期待感を煽られる。元同僚のマーティンが駆け付けるシーンなんか、思わずニヤニヤしてしまう。彼のフランクなキャラクターがなければ、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」はもっと固く、暗い作品になっていただろう。

 

3人を乗せたトラックは、とても良いバランスで走っていく。カールは不器用なリーダーとして、マーティンはムードーメーカーとして、パーシーは宣伝係として。

そんな3人に共通しているのは、「今が最高に楽しい」ということ。

さらっと流されていたが、移動中に下品な歌を歌うシーンが素晴らしい。冒頭でカールはパーシーにに「汚い言葉を使うな」と注意していた。しかし真逆のことをする父親を見て、パーシーは思わず苦笑い。映画終盤のこのシーンは、もしかしたら、ようやくカールとパーシーが分かり合えた瞬間なのかもしれない。

 

ほとんどの人には大失敗の経験があり、ほとんどの人には大切な人がいる。カールは超有名シェフ。現実とかけ離れているようでいて、実はそうでもない。

毎日見ているTwitterやYouTubeが、映画の非現実感をほどよく薄めている。

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」の主人公は、あなたであっても、きっと成り立つはずなのだ。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-レビュー

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5