【映画レビュー】シェフ 三ツ星フードトラック始めました(※ネタバレあり)

物語はインターネットを基軸に進んでいく。

分岐点には、いつだってインターネットがある。ブログによる誹謗→Twitterでのリプの炎上→YouTubeでの炎上。そして最後は逆転劇としての、Twitterでのフードトラック拡散からの大盛況。

一度はシェフとして栄華を極めたカールが、ネットで叩かれどん底まで落ち、仕事も失ったときはヒヤヒヤしたが、そこからの這い上がりが凄かった。元妻の提案でマイアミを訪れ、キューバサンドイッチに感動し、フードトラックを思いつく。

特に汚いトラックを息子のパーシーと掃除しているシーンは、いつ見てもワクワクする。あ、ここからやってくれるんだな…!という期待感を煽られる。元同僚のマーティンが駆け付けるシーンなんか、思わずニヤニヤしてしまう。彼のフランクなキャラクターがなければ、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」はもっと固く、暗い作品になっていただろう。

 

3人を乗せたトラックは、とても良いバランスで走っていく。カールは不器用なリーダーとして、マーティンはムードーメーカーとして、パーシーは宣伝係として。

そんな3人に共通しているのは、「今が最高に楽しい」ということ。

さらっと流されていたが、移動中に下品な歌を歌うシーンが素晴らしい。冒頭でカールはパーシーにに「汚い言葉を使うな」と注意していた。しかし真逆のことをする父親を見て、パーシーは思わず苦笑い。映画終盤のこのシーンは、もしかしたら、ようやくカールとパーシーが分かり合えた瞬間なのかもしれない。

 

ほとんどの人には大失敗の経験があり、ほとんどの人には大切な人がいる。カールは超有名シェフ。現実とかけ離れているようでいて、実はそうでもない。

毎日見ているTwitterやYouTubeが、映画の非現実感をほどよく薄めている。

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」の主人公は、あなたであっても、きっと成り立つはずなのだ。

関連記事

  1. 『水タバコ』という素晴らしきマイナー文化を伝えたい。

  2. 「ノルウェイの森」の虚しさについて。

  3. チップスター

  4. ひとり名古屋旅行記~1日目~

  5. 【2019最新版】この夏メンズが買うべき白シャツ・Yシャツは、「ポリエ…

  6. BUMP OF CHICKENの東京ドームファイナルと、僕がバンドをは…

  7. ビリー・ジョエルの「ピアノマン」という映画。

  8. リアムギャラガーのニューアルバム「Why Me? Why Not.」は…

PAGE TOP