「仙台には何もないよ」なんて言わないで。

「仙台には何もないよ」

東京生まれの友人が言った。東北大学のキャンパス内で、「地元の友達が仙台に来るのだけどどこへ案内しよう」と話している時だった。

「東京には何があるの?」

「東京にはなんでもあるよ!」

 

東京に出てきて痛感したが、確かにここにはなんでもある。観光も買い物も食事も、有数のスポットが集まっている。1日放り出されても、余裕で遊び倒せるだろう。

 

でも…仙台だってなんでもあったよな。

 

電車に乗れば松島に行けるし、駅前はちゃんと栄えているし、飲み屋だって豊富だ。

何を持って、東京には何でもあって、仙台には何にもない、と言うのだろう。

答えは未だに分からない。

 

けれど、そこに友人さえいれば、東京だろうが仙台だろうが関係ないよな、最高だよな、と今日思った。

その街の価値とは、何かあるかではなく、誰がいるかなのだろう。

どんな観光地に行くよりも、飲み屋で友達と馬鹿話してる時が、一番楽しいものね。

関連記事

  1. 拝啓 点鼻薬様

  2. ミュージシャン仲間とは定期的に会いたいものです。

  3. 今週は仙台に行くぞ!

  4. 【ブログ】毎日更新のからくり。

  5. ミュージシャン仲間との『定期』忘年会についての記述

  6. インフルエンザ大流行

  7. 吉祥寺という街。

  8. 読まなくてもいいブログ

PAGE TOP