喫茶店のナポリタン

家から歩いて2分の場所の、とある喫茶店に着いた。

 

そこは「カフェ」よりも「喫茶店」がしっくりくる、ザ・昭和 な店だった。いや、何なら大正ロマンと言っても差し支えなかった。

平均年齢はおそらく70を超えており、ボクの3倍近くも生きてきた歴戦の猛者たちの集会所となっていた。

人々はカウンターで話し込んでおり、銀座、とか、せがれ、とか、そんな単語が聞こえてくる。

 

明らかに、刻が、止まっていた。

 

コーヒーだけ飲んで帰るつもりだった。気が付くとそんな空気にアてられて、ナポリタンを目の前にしていた。

 

外食で注文するのは初めてだった。真っ白な皿に小高く盛り付けられたそれを見て、なぜか胸がキュッと締め付けられた。昭和の味が分かるわけもないのに、確かにそれに、昭和を感じた。

あれは日本人のDNAだったのか。なんにせよ、信じられないくらい美味しかった。

 

本を片手に食後のコーヒーを頼み、だらだらと2時間くらい居たのだろうか…。気が付くと客はボクだけで、マスターが客席で新聞を読んでいた。

 

あの新聞にはきっと、「夢ノ超特急。東海道新幹線ガ開通。」とか書かれていたんだろうな。スマートフォンを見ながらぼんやりと考える。

関連記事

  1. ボクは今夜、

  2. 台風の日

  3. ボディソープを求めて。(前編)

  4. 仕事初めの、朝のこと。

  5. 子供とスーパーマーケット

  6. バスケ部だった少年の、悲しい話(後編)

  7. 会社の研修で、リゾート地・熱海へ行きました。が。

  8. ボディソープを求めて。(後編)

PAGE TOP