「ノルウェイの森」の虚しさについて。

誰とも深く付き合えない。

直子にはキズキの代わりにされ、行きずりの女には浮気した彼氏の代わりにされ、突撃隊も突然引っ越してしまい、永沢さんとは一線を引き続けて遂には絶縁する。ミドリとあの後どうなったかは、誰にも分からない。

ノルウェイの森の「虚しさ」はそこにあるように思う。そして発表から数十年経った今でも、この本を読んだ人は少なからずこう思うのだ。「ワタナベは自分だ」と。

誰かと深く付き合った経験はあるだろうか?恋人。親友。家族…。絶対に君でないといけない場面は、人生で何度あっただろうか。しかし思い出してみてほしい。君が裸で愛し合った女性も、1月後には別の男に抱かれていたじゃないか。

その時の虚しさを、覚えていないだろうか。ワタナベに自分を重ねていないだろうか。僕らはみなワタナベではないが、何処かワタナベなのだ。人はその虚しさと常に隣り合わせで、幾らかの虚しさを抱えて生きているのだ。

そんなことをふと思ってしまった。名作、ノルウェイの森。何度読んだか解らないが、いつ読んでも考えさせられる。名作たる所以は、時代を問わない主人公の普遍性だと、ボクは思う。

関連記事

  1. 映画「ボヘミアンラプソディー」(ネタバレなし)

  2. 米津玄師の新曲「海の幽霊」のMV観た?

  3. チップスター

  4. ポロショコラ

    ポロショコラで、ちょっぴりの贅沢を。

  5. 長利和季(朝凪の微睡む部屋-Calm Room-)という音楽家。

  6. ジムで地獄のようなプログラムに参加した話。

  7. ひとり名古屋旅行記~2日目~

  8. ホストクラブにゆゆうたを見に行ってきた話。

PAGE TOP