YouTubeの先駆者たち。

ここんところずーっと動画を撮っているのだけど、ボクが思いつく程度のことは、誰かがすでに思いついてるもんだなァと痛感している。

当たり前だ。先駆者がいるのだ。

令和元年。YouTubeがどれほど成熟しているのかボクには分からないが、まだまだしばらくは続くと思っている。あれ以上の動画プラットフォームは未だ存在しないし、動画ブームはまだまだ続く。

ただ、だからこそ先駆者がいる。必ずいる。何をやろうとしても先駆者がいるのだ。ボクのやりたいあれもこれも、誰かが既にやっている。悔しい。

多少被ってでも突っ走った方が良いのだろうか。それともそれは間違いだろうか。なんならそんなことを考えている時間こそ不毛だろうか。答えは誰にも分からないし、それが分かるのは、実際にやっている人なのだろう。うーん、手探りでも何でも動いてみよう。

関連記事

  1. 阿佐ヶ谷の夜を歩く。

  2. おぼんやすみ?

  3. 毎日お弁当を買うボクの人生論

  4. 13連勤を終えて。

  5. で、そこは吉祥寺だった。

  6. 世間知らずと洗濯機

  7. なんだかんだテレビ

  8. 散髪(前編)

PAGE TOP