エアコンの掃除と、プラシーボ効果。

たぶん気のせいなのだが、

エアコンのフィルターを掃除してから、部屋の空気がキレイになった気がする。

だがしかし、掃除してからー度もエアコンはつけていない。だから何も変わりようがない··、のだが、

やっぱり、空気がキレイになった気がする。

 

プラシーボ効果、をご存じだろうか。

 

「健康にいいですよ」と言われているものを食べると、なんだか健康になった気がする。

実際に効果が出ていなくても、少しはマシになった気がする。…そんな経験が、みなさんにもないだろうか。

それが、プラシーボ効果だ。

フィルターの埃を掃除機で吸い取って、エアコンにはめ直したときの達成感。

「これでもう大丈夫」という絶対的な安心感。

これらが相まって、エアコンをつけなくても、常にキレイな空気が循環している…そんな気分で満たされる。

 

プラシーボだろうがなんだろうが、自分が「いい」と感じられればいい。根拠はなくても、「いい」と思い込むのが大切だ。

 

だっていちいち部屋のキレイさなんて、計っていられない。「自分はキレイな部屋に住んでいる」という自負の他に、必要なものなどあるだろうか。

 

そしてそういうアホみたいな思い込みで、少しでも幸せになれるのなら、安いものではなかろうか。ボクは最近そんなことを考えている。優しい嘘なら、どんなについても構わない。

関連記事

  1. 水を飲むことの大切さ

  2. 【独白】ボクはなぜボーッとしてしまうのか。

  3. いずれ動画編集者を雇おうと決めています。

  4. 嘆き

  5. 仙台の地下鉄と光

  6. ご冥福をお祈りします。

  7. 春一番、吹いて。

  8. ボクはたぶん、「飲みニケーション」向いてない。

PAGE TOP