1995年、静岡県生まれ。ゼロカラカンパニー代表。

毎日ブログを更新している。

音楽は今までに3つの名義で活動をしている。

 

【月岡彦穂】2013.04 ~ 現在

 

ソロ名義で、唯一現在も活動中。全曲の歌、ギター、プログラミング、果てはミックスマスタリングまでひとりで手掛けている。

2016年11月 1st EP「ホットミルクとあなたの嘘ep」をリリース。手売りと郵送限定。

2018年2月 1st Album「ほんとうのこと」をリリース。このアルバムを機に、各種配信サービス(Apple MusicやSpotifyなど…)でダウンロード、購入が可能となった。

2018年5月 配信シングル「ショートフィルム」をリリース。前作から3か月という短いスパンでの発表となった。いままでにないミドルテンポ、のらりとした曲調で、しかし至ってシンプルなバンドアレンジとなった。

2018年12月 ベストアルバム「YOUNG」をリリース。ゼロスタ、SUISOなど、本人名義ではない音源を多数再録。配信サービスほか、CDでの郵送販売も行っている。

これから楽曲をリリースするときは、すべてこの名義となる。ジャンルに囚われない、自由な感性の楽曲を得意とし、ライブハウスよりもインターネットが好き。

 

【ゼロスタ】2013.04 ~ 2017.03

 

東北大学のサークルで結成。

2014年6月、1st EP「Who is the GATEKEEPER?」をリリース。これが自身初のアルバムとなった。3曲入りの手作り感溢れるCDを、なんと100円で販売していた。現在はもちろん、廃盤となっている。

2015年3月、2nd EP「Unknown Stories」をライブ会場限定でリリース。現在も歌われる楽曲が多く入った、お気に入りの一枚。どこかでもう一度、このアルバムの楽曲を世に出すチャンスを窺っている…?(※現在は廃盤)

2016年11月、大学祭テーマソングのために作詞作曲した楽曲「笑顔」を発表。バンドらしからぬポップな曲調が特徴だが、ゼロスタを多くの人に知ってもらうきっかけとなった。

2017年3月、1st Album「Songs of New Days」をリリース。自身初のワンマンライブを行い、解散した。

月岡彦穂の初期の楽曲はほぼ全てこのバンドに捧げていたため、いまだにツイキャスの弾き語りでよく歌われる。

 

【SUISO】2015.06 ~ 2015.11

 

ソロで活動していた友人と、期間限定で結成。

2015年6月、1st Single「ハッピーエンドは終わらない」をリリース。作詞作曲は、現在教育界で獅子奮迅の活躍を見せるあけまつしんじ。YouTubeにあるPVは、仙台市の名スポットをふんだんに使ったものとなっている。

2015年11月、仙台で新たに立ち上げられたフェス「学魂祭」のために作詞作曲した「はじまりの一歩」をリリース。フェスのためにメンバーを2人から7人に増やし、記念すべき同フェス初回の大トリを務めた。

短期間の活動だったため楽曲こそ少ないものの、どこか懐かしいポップソングは、やっぱりツイキャスの弾き語りでよく歌われる。

PAGE TOP