僕はセーハをしない。

いわゆる「グリップハンド」が好きだ。

親指で6弦を押さえる。ギターを弾くとき、すっかり「握りこむクセ」が付いてしまっているのだ。

どうしても握り込めないコード、たとえばBmとかでは仕方なく親指をしまうけれど、実は1弦は押さえていない。

Bmの1弦は和音的にそこまで大切な音じゃないので、省略している。

だから実は、セーハというものはしていない。なんなら弾き語りでは、Bm7に勝手に変えることで、無理やりグリップハンドで鳴らしている。

 

 

あとはよくやる手法として、「5弦のnフレットと、2弦の(n+1)フレット」を同時に鳴らすと、マイナーコードになる。

その中でもCmやEmなら、3弦の開放を鳴らしても大丈夫。

 

そしてみんな大好きB7。

あれは2弦開放だが、C#7は同じ握り方で2フレットずらせば良い。

2弦開放の音は鳴らしても一向にかまわない。

開放弦を使うことで、よくあるコード進行が、ちょっとエアリーになる。

 

セーハは極力したくない。ずーーーっとグリップハンドで弾き続けるのが楽なのだ。

このコード、なんとかしてグリップハンドで鳴らせないかな…。アコギばかり弾いていたからか、ギターを持つとそんなことばかり考えている。

関連記事

  1. ゼロスタ

  2. ゼロスタの練習をしていて。

  3. 【クリスマスソング】個人的TOP5を選んでみた。

  4. 露出してしまった。

  5. 【音楽】サブスクについて思うこと。

  6. もっとMVをつくりたい!

  7. 久々にツイキャスをやってみて。

  8. 【DTM】Cubaseを6年間やって分かったこと。MIDIキーボードは…

PAGE TOP