仕事初めの、朝のこと。

1月3日。夜23時。

目覚まし時計を5分おきに6つセットする。

カーテンを開けて布団に入る。

エアコンも起床30分前でセット。

完璧。完璧だ。

 

1月4日。朝6時30分。

けたたましいアラームが部屋中に響き渡る。

外はほの暗い。久々に聞く鳥の鳴き声が、静かなのにうるさい。

 

少し、喉が痛い。酒焼けか、実家の父の風邪が移ったか。

 

5分後、アラームが鳴る。もう起きてんだよ、こっちは。残り4本、すべて切る。

むくりと起き上がる。これからスーツを着ることを想像する。ネクタイが嫌いだ。なんであんなもの付けなきゃいけないんだ。思考はどんどん後ろ向きになる。

それでも布団から出なければならない。あと3回鳥が鳴いたら出よう、と決意した次の瞬間、もう5回目の鳴き声が聞こえており、あと10回。ボーナスタイム、などと現実から目を逸らしている。

 

結局朝ごはんは作れなかった。キッチンからカロリーメイトを取り出して鞄に放り込む。

2日ぶりに髭を剃った。顎を撫でると、少しヒリヒリと痛む。

髪型を整える時間はなかった。前髪は不可解な曲線を描く。

 

キリリと寒い外に飛び出すと、溜息すら凍り付きそうだ。

 

さあ。ここからは現実。

 

甘えてられないぞ、自分。目の前のオヤジを早歩きで追い抜かす。

関連記事

  1. 男と、威嚇と、レッサーパンダ。

  2. 東北大学を受験したら、雪山から出られなくなった話。

  3. ボクの成人式と黒歴史の話。

  4. バスケ部だった少年の、悲しい話(後編)

  5. 子供とスーパーマーケット

  6. とてつもなく眠かった日のこと

  7. 歌姫②

  8. ラブライブサンシャインを10日で見た男の感想文

PAGE TOP