エッセイ

正月に店を開ける必要、ありますか?

「365日営業を辞めて、年末年始は休みにします。」

幸楽苑のチラシに、そう宣言してあった。日頃働いてくれている従業員に感謝をこめて、ということらしい。

素敵な試みだなあ、と思うと同時に、どこかに違和感を覚えた。

そう、まるで普段ケンカばかりのヤンチャ君が急におとなしくなり、周りから褒められているかのような。残業ばかりのブラック企業で、定時に上がれて喜んでいるかのような…。

 

要するに、「年末年始休みは、デフォルトでよくないか?」と思ったのだ。

 

そりゃあ、年末年始に稼働しないといけない理由だって痛いほど分かる。そこには需要があり、その分普段より利益が出て、それは即ち会社や店の存続に繋がる。「正月に稼働しないと採算が…」というところだって幾らかはあるかもしれないし、社会システム上、365日稼働が義務づけられている所もあるはずだ。(例えば街の病院がすべて閉まったら、大惨事だ。)

 

それにしたって、2019年の正月は開いている店が多すぎた。…ような気がする。

 

例えば、実家近くのスーパーマーケットが営業していた。大きな店なので年末は多くの客で賑わったことだろう。しかしその日、客はまばらで、店員も虚ろな目でヨーグルトを並べていた。店内には申し訳程度に正月音楽が流れ、関係ないがレジ打ちのおばさんがお釣りを間違えて渡していた。

 

これはもう、休みで良くないか? 素直にそう思った。

 

例えば寿司屋。これは分かる。正月は寿司に圧倒的な需要があり、加えて寿司は生ものだ。前日に受け取るわけにはいかないし、実際に寿司屋の前には斑模様の行列ができていた。

しかし例えば、スーパーや牛丼屋、本屋やコンビニが空いている必要は果たしてあるだろうか。「今まで開けていたんだから今年も開けるんだよ!!!」などと思考放棄せずに、一度胸に手を当てて考えてみてほしい。

 

本当に、その日、開ける必要は、あるだろうか?

開けないと、社会は、回らないのだろうか?

 

そこで働くのが幸せなら何も言うまい。ただ、そうでない人もいる。家族の時間や旧友との再会を、「必要のない出勤」によって阻まれている人が少なからずいると思うと、ボクは胸が張り裂けそうになる。

 

だから幸楽苑のチラシには胸を打たれた。と同時に、あのチラシに胸を打たれない2020年を、強く望んでいる。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5