どんな顔して。

夜が寒くない、というだけで、こんなにも「春」だとは。

仙台にいた頃は、原付に乗っていたため、厚着をせざるを得なかった。分厚い手袋に、モコモコのマフラー。着膨れという言葉では足りないくらいのコートに包まって、それでもガチガチに震えて帰路を急いだ。

 

今はどうだ。東京。電車通勤。車内でのマフラーは暑い。ボクはいつのまにか、マフラーをすることをやめた。

電車を降りても、そこまで寒くない。寒かったのは、原付に乗っていたからだ。もう寒くない。ここは寒くないんだ。

 

久しぶりに、春という季節が来るのかもしれない。どんな顔して会えばいいのか、ちょっともう分からないな。

関連記事

  1. 模様替え奮闘記(後編)

  2. 国営マクドナルド平和公園

  3. 口内炎が治らない

  4. クールビズの味方、その名も「感動パンツ」

  5. ギターレッスン

  6. 朝の寒さが、身に染みるのだ。

  7. 自炊ができる日の話。

  8. 2019年おつかれさまでした!

PAGE TOP