子供とスーパーマーケット

職場の近くに、大きなスーパーがある。

 

休み時間にたまにそこに行くのだが、いつ行っても必ず、幼稚園くらいの子供を連れた家族がいる。

子どもは親の周りをうろうろ歩き、ときには離れて飛び跳ねたりする。

突然、独創的なケンケンパをはじめる子もいる。

 

さて、みなさんは子供は好きだろうか?

 

ぼくは正直、あまり好きではない。

スーパーで暴れる子供を見ても、残念ながら、「好き…!」とはならない。

 

でも実は、子供がすべからく嫌いなわけでも、なかったりする。

 

先日実家に帰ったときに、昔仲良くしてくれたお兄さんが訪ねてきた。結婚したとは聞いていたが、果たして綺麗な奥さんと3人の子供を連れてやってきた。

3人は実家の畳の上を縦横無尽に駆け回り、僕のあぐらに飛び乗ってそこに落ち着いた。

血の繋がりはない。でもなぜだか、たまらなく愛おしいと思った。

 

自分に懐いた子供は可愛い。これは残酷ながら真理なんじゃないかと思う。

今度スーパーで子供を見たときは、あのときの気持ちを思い出してみようと思う。…でもケンケンパのゴールを僕に設定するのは、もう勘弁してね。

関連記事

  1. ボディソープを求めて。(後編)

  2. どうしてもアイスクリームが食べたかった。

  3. 東北大学を受験したら、雪山から出られなくなった話。

  4. 会社の研修で、リゾート地・熱海へ行きました。が。

  5. 100杯のコーヒーが届いたおはなし。

  6. 物欲の冬

  7. 台風の日

  8. 日高屋の麦酒婆さん

PAGE TOP