ビバ!東北の方言!

はじめに

コンタクトレンズの調子が悪い。

ゴロゴロゴロゴロ。常に両目が、開かない潤わない煮えきらない。

むずむずむずむず

この状態は…そう、

「いずい」。

「いずい」の使い方

「いずい」は東北の方言だ。

困ったことに、これ、共通語になおすのが難しい。そうだな……「なんとなく心地が悪い」、かな?

 

靴の中で靴下がよじれている、とか、奥歯にメンマの繊維がはさまっている、とか。(ああ、考えただけでいずい!)

 

不快!とまではいかないけど、気にならないよ〜!という訳ではない。なんとなーーーく心地の悪い状態を、東北の人たちは「いずい」と表現するのだ。

東北の方言はいいぞ

ボクは東北の出身ではないけれど、学生時代を仙台で過ごしていた。

周りに方言を使う大人は多かったし、同世代の友達も、かなりの割合で使っていた。

 

東北の方言には、便利な言葉がたくさんある。

 

たとえば「うるかす」。これは「使い終わった食器を水につけておく」って意味。便利なんですよ、これ。「それ、うるかしといてー。」みたいな。

東北では、「その茶碗を水に浸けてご飯粒柔らかくしておいてー。」なんて言う必要ない。「うるかしといてー。」これでOKだ。便利!

東京でも使わせてけろ

いまここ東京で、コンタクトレンズの不具合を誰かに伝える術がなくて困っている。いや、別に伝えてどうという訳ではないけれどね…。

 

「気持ち悪い」「痛い」「具合が悪い」

 

思いつく形容詞、どれも違う。この感情はもはや、「いずい」でしか表現できないのである。

 

心の底から、全国共通語になってほしい。

 

あと「うるかす」も。ついでに方言じゃないけど、「ひっぱりうどん」と「芋煮会」も。

目黒川の河川敷で、芋煮会やろうよ。ボクは山形風がいいな。

関連記事

  1. インスタはじめました。

  2. ラジオを深夜に聴く喜び

  3. そして日常へ。

  4. 令和

  5. 読まなくてもいいブログ

  6. ツイキャス忘年会2020

  7. 天気の子を観ただけの1日。

  8. スマホとPCの関係性

PAGE TOP