エッセイ

東京と夏色

ちょっともう笑えないくらい暑いのだけど、みなさんいかがお過ごしでしょうか。ボクはアイス食べてます。

いよいよ夏が始まった…もはやそう捉えて問題なさそうだ。

部屋の観葉植物達が、太陽を燦々と浴びて喜んでいる。その証拠に、冬の間元気のなかった小さな葉っぱも、心なしか緑が濃くなったように見える。

 

それは植物に限った話ではない。

夏はすべての色が濃く見える。

 

シンプルに、日中明るいせいもあるだろう。陽炎が揺れるような日は、明るすぎて何もかも白と黄に見えるほどだ。

 

でも、原因はそれだけじゃない。

 

あとは装飾かな。都会のビルや電車の広告、そのどれもが彩度を増す。夏は明るい方が売れるのだろうか。そのどれもが「元気いっぱい!!!!」な雰囲気を醸し出している。だから夏は、街を歩くだけでちょっと疲れる。

そしてやはり、植物。冬に茶色かったそれらは、いま、一斉に新緑に染まる。

 

都心から少し離れたベッドタウンを歩くと、東京にもこんなに緑があったのかと、毎年新鮮な驚きがある。

車窓を眺めるのもいい。誰かの家に、立派な緑が背筋を伸ばしている。それが太陽を浴びて、燦々と輝いている。

 

何度か書いてきたように、ボクは夏が嫌いだ。暑いし、汗掻くし、半袖も好きじゃない。けれど、こんなにも多くの緑に気が付けるのは、ちょっと嬉しかったりするのだ。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-エッセイ

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5