レビュー

米津玄師の新曲「海の幽霊」のMV観た?

音楽と映像は、もはや切っても切れない関係になってしまった。

たとえ曲が微妙でも、MVに可愛い女の子が出ていれば最後まで見てしまうし、どんなに良い曲でも、映像がショボければ1サビで止められるのがオチだ。

しかし、そんな「映像ブーム」も最近は後退しているように思う。


 

2010年代前半から中盤にかけて、いわゆる「邦ロック」ではキラキラしたMVが流行っていた。

ダンスがあったり、ストーリーがあったり、曲そのものではなく映像を楽しめと言っているかのような風潮を、ボクは好きになれなかった。無声映画を観に来たんじゃねえ!とすら思っていた。

 


 

2010年代を代表する楽曲のひとつとして、RADWIMPSの「前前前世」がある。

映画「君の名は。」の主題歌として作られたあの曲を、聴いたことのない人はいないだろうし、実際ボクも何回も聴いた。ストレートなバンドサウンドと、耳に残る歌詞。「シンプルイズベスト」とはまさにこの事。素晴らしい曲だと思う。

この曲の恐ろしいところは、MVに「君の名は。」の映像を使っていない所だ。RADWIMPS3人が緑の中でストイックに演奏する。途中に茶番もあるが、全体的に「RADWIMPS」を押し出したMVになっていた。

 


 

もうひとつ、米津玄師の「lemon」。こちらも米津玄師が教会で大勢と歌うMVとなっており、ストーリーらしいストーリーや可愛い女の子は登場しない。

それこそ「前前前世」は「君の名は。」を、「lemon」は「アンナチュラル」を前面に押し出しても良かったはずだ。共に作品として流行っていたし、新規のリスナーも入りやすい。

しかしながら、そうはしなかった。にも関わらず、両者ともYouTubeで恐るべき再生回数を叩き出した。

 

ボクは考えてしまう。

もしも、映像が作品とリンクしていたら

 

さあ、

 

お待ちかね、米津玄師の「海の幽霊」。

映画のシーンと一緒に聴く前提で作ったのだろう。「海」というだけあって、ものすごぐスケールが大きい。名曲「You Raise Me Up」と「海の幽霊」を、ボクは「死ぬときに流したい曲」というジャンルで括りたい。

圧倒的な映像美。そして、その美に相応しい米津玄師の圧倒的な作曲、編曲の力。ほぼ全編通してかかっている複雑なハーモニーが、サビで両耳に広がるミックスも素晴らしい。

YouTubeのコメントに「米津玄師にしか歌えない」とあったが、その通り。あれは米津玄師にしか歌えない。一聴して誰の曲か分かるのは、その人がオンリーワンである証拠だ。

米津玄師の「海の幽霊」のMVは、楽器と映像の総合点で2010年代ぶっちぎりの1位だと思う。是非映画館の大画面&大音量で、その世界に浸りたいものだ。

おすすめ記事

1

「今日の定食は、味、濃かったですか?」 見慣れた日高屋のレジで、見慣れたおばちゃんにそう問われた。 「味···ですか」 このおばちゃんとは今まで「野菜たっぷりラーメンの麺大盛りで」「あい」くらいしか会 ...

2

昼から飲んでしまった 好きな居酒屋が「ハッピーアワー」なるものをやっていて、12時から14時まですべてのメニューが半額だという。そんなことがあっていいのか。 元の看板に被せていくことで、「細かいことは ...

3

名前を変えました このブログのタイトルを「月岡彦穂オフィシャルサイト」から「タメになってたまるかマガジン」に変えました。 「タメマガ」にした理由は、マジで記事がひとつもタメにならないからです。読み返し ...

4

昨日、友人(女性)と池袋で飲み、二次会の店を探している道中、「いつ行っても閉まっているバー」の存在を聞かされた。4回行って、4回とも閉まっていたらしい。それはもう閉店しているのでは、と思ったが、どうや ...

5

ボクの母と祖母の誕生日は非常に近く、7月13日と7月15日だ。 近くて覚えやすい、とみんなは思うかもしれない。   しかし残念ながら、ボクはいまだに、どちらがどちらの誕生日なのか覚えていない ...

6

国立大学の二次試験。今日は全国の受験生にとって、決戦の日だ。 自分も、6年前はそのうちの1人だった。   仙台という土地に来るのはそれが3回目だった。でも新幹線に1人で乗るのは、今回が初めて ...

7

池原のぞみは、食後のデザートをプリンにするかバウムクーヘンにするかで悩んでいた。 友人の月野春彦の住む、小さなベッドタウン。その駅前の居酒屋で、池原のぞみはタブレット型のタッチパネルを手に、もう30秒 ...

8

アニメ『ラブライブサンシャイン』を二期まで10日で見終わりました。 「食事中、電車移動中は必ず見る」というルールを定めれば、社会人でも2クールのアニメを10日で見終わるのだという"結果"を得ることがで ...

9

「ウミガメのスープ」というクイズをご存知だろうか?   海の近くのレストランに男が訪れた。男はウミガメのスープを注文した。一口食べて店員を呼び、こう尋ねた。『これは本当にウミガメのスープか? ...

10

レシートが溜まっていく。   家計簿なんかつけていないので、僕にとってレシートには何の価値もない。ただの燃えるごみだ。 捨てたほうが良いに決まっているのに、次の日財布を開けるとまだレシートが ...

-レビュー

© 2021 タメになってたまるかマガジン Powered by AFFINGER5