ボーカルの音量。

音源のバランスを整える上で、1番気を使うのがここだ。

意識して色んなアーティストの曲を聴いてみると分かるが、本当に千差万別。大も小も、ハッキリ言って好みの問題だ。

それでも最近は、エイヤと大きくする傾向にある。イヤホンなしにスマホからYouTubeで聴くのが主流になった今、イヤホン前提の音量だとギターやピアノに埋もれてしまうことがあるからだ。

ボクの個人的嗜好を言えば、ボーカルは小さい方が好みだ。サビで両耳がフワーッと楽器に包まれるのが好きなのだ。

ボーカルは楽器の一部として、メロディが聞こえてくればそれでいい、くらいに思ってるっちゃあ思ってる。これは、昔から聴いてきた音楽にそういうものが多かったから、としか説明しようがない。

しかし、音源づくりは自己満ではいけない。盆栽とは違うのだ。整えたあと、人に聴かせて初めて作品になる。つまり聴いてもらうことが前提なのだ。

だったら、個人の趣味より世間の声を優先すべきだろう。だからボーカルは大きめに出すことにしている。どうやらボクには少し大きすぎるくらいが、世間的には丁度いいみたいだから。

…でも、手塩にかけて育てた我が音楽。一番あの娘を愛しているのはボクだ。

愛情が暴走して、いつも納品前にボーカルの音量をちょっとだけ下げてしまう。前作もそうだった。その結果、ボーカルが小さいねとチラホラ伺った。

親バカの気質があるのかもしれない。今回は無事、子離れできるだろうか。

関連記事

  1. YOUNG、全曲レコーディング終了!

  2. ベストアルバム「YOUNG」発売に寄せて。

  3. やっぱりCD出そう。

  4. レコーディングの後、絶対にやらなければならないこと。

  5. MV公開!…ということで制作秘話など。

  6. アルバム音源、納品完了ッッッ!!!!!

  7. ベストアルバム「YOUNG」のジャケットを公開しました!

  8. 最後の日曜日。

PAGE TOP