教員の彼女と同棲したら、Google検索のトップになった話。

「教員の彼女と同棲して···」の記事がのびている。

教員の彼女と同棲したら、働き方が過酷すぎた話。

Googleで「教員 彼女」で検索すると、ついにトップに出るようになった。

嬉しさ7割、恥ずかしさ3割、といったところだ。

あんな感情的で思想の強い記事が、検索上位に表示されるだなんて、生きっ恥そのものだ。

生きっ恥の磔だ。やってくれたなGoogle(ありがとう)。

 

むず痒い。そのー方で、暴露して書いた甲斐はあったなァ、としみじみほくそ笑んでしまう自分もいる。

 

 

2019年6月3日現在、あのブログは合計で2472人に見られている。

1日につき27人から見られている計算だ。

毎日どこかの学校に行き、適当なクラスを選んで全員に読んでもらう···それくらい読まれているということだ。

 

あの記事がねえ···。

 

もっと短くすればよかったなァ、とか、もっと絵や写真を添えればよかったなァ、とか、正直、後悔はたくさんある。

でも、あれは当時作れる精一杯だったし、事実、自分のブログでー番のびている記事は、あれなのだ。

1日27人。

 

···ぜんっぜん足りねえ!!!!!

 

ボクは野心を燃やしている。

 

もっと良い記事を書いて、「教員の彼女」はあまりのびなかったねえ、と笑ってやるからな。

 

見てろよ、教員の元彼女。

関連記事

  1. アマチュアブロガーが、トップページをちょこっと変えてみた結果…?

  2. 2019年の数値目標を、セキララに宣言します!!!

  3. 月岡彦穂は2019年の前半で何を成し遂げたのか?

  4. 元大手塾講師が語る、塾のアルバイト大学生たちが可哀想すぎる話。

  5. 【ありがとう】ブログをはじめて、1ヶ月が経った。

  6. ゼロカラカンパニー、始動!

  7. 24歳。

  8. 会社を辞めて一年経った / 引っ越しの話

PAGE TOP