ゼロスタ

ゼロスタという名前のロックバンドに、ボクは青春のすべてを捧げた。

「この曲を聴くと、当時のことを思い出す」という経験は、誰にでもあると思うが、ボクにとってゼロスタの曲には、全てに想い出がある。

一曲一曲が宝物、いや、宝箱だ。作った時のこと、初めて聴かせた時のメンバーの顔。よくウチで飲んでいた友達や、好きだった女の子、お金がなくて苦しかったことや、大好きな友達と喧嘩したこと、そして情けなかった自分のこと。すべて曲に詰めこんできた。

ボクの青春は、ゼロスタと共にあった。というより、ゼロスタが、ボクの青春そのものだった。

さて、人生を区切れるとしたら、ボクの人生の「学生編」は終わった。

これからどこへ行こうか。

と、その前に。

ゼロスタが学生時代で終わりだなんて、ボクは思っていない。

サマになっていなくても、誰も待っていなくても、汚れたって、これからだって歌っていく。

そんな歌詞を、最近歌ったような気がするからね。

さあ、新章突入だ。ここは、どこだ。

https://youtu.be/5_8U0AaWDaY

https://youtu.be/lEzmhnkhOx0

https://youtu.be/N_RF3JDWMso

 

関連記事

  1. ボクの鼻歌につける歌詞を募集します。

  2. そこに本質を、見た気がした。

  3. CD、郵送させてください!

  4. 告白。

  5. ホットミルクと忘年会。

  6. 僕はセーハをしない。

  7. エレキギターのレコーディング(前編)

  8. 謙遜とDTM

PAGE TOP